室蘭の海岸でキャンプ、ウニ、イカ、ラム、焼きます!

キャンプ会場

今日と明日は、室蘭のCさんの馴染みのスナック仲間でキャンプをしてきました。
「北海道ではキャンプは海でやる」とケンミンショーで言っていたのですが、ほんとに会場は海でした。
しかもキャンプ場でもなんでもない、普通の海辺です。

今回のメンバーは15人ほど。
昼にお店に集まり、食材や機材を車に積み込み、海に向かいます。
続きを読む

8 人が拍手しました(ありがとうございます)

白老牛直販所「いわさき」で絶品牛肉をゲット

白老牛「いわさき」

苫小牧を出て室蘭に帰る途中、ガソリンが底をつきそうになりました。
しかし走れど走れどスタンドがない!
やばい!
やっと見つけたスタンドに入ると、なんとその横がずっと前に食べて、その美味しさに感激した白老牛の直販所「いわさき」でした。

ガス欠危機が巡り合わせてくれた奇跡!(言い過ぎか)
続きを読む

13 人が拍手しました(ありがとうございます)

こぶし(日本料理)(苫小牧)でホッキ尽くし

ホッキ尽くし
車を受け取った後は、苫小牧に住むCさんの家族の所に挨拶に行ってきました。
家族に対して少しでも心証を良くしなくてはと思うと緊張します。

迎え入れてくれたのは、両親、妹さん家族の5人。
ちょっと緊張しましたが、Cさんの家族はとても優しく、すぐに馴染むことが出来ました。
久しぶりに家族の団らんを感じることが出来てうれしかったです。

丁度お昼時になったので、みなで食事に行くことにしました。
行ったのは、苫小牧市街の「ホテルニュー王子」の中の和食レストラン「こぶし」。

そこには1日10食限定の「苫小牧ホッキ炙りめし」というメニューがありました。
そう、苫小牧は日本一のホッキの水揚げがを誇るまちなのです。
こ、これは食べたい。
恐る恐る聞いてみると、まだあるとのこと。
そこで私たち一味だけで5食分もオーダーしてしまいました。

マツコと○分、ついにホッキオールスターズ登場。
左上から、刺し身、直炙り用、貝焼き用。
左下から、ホッキのマリネ、醤油と漬け物、ホッキのかき揚げ。
続きを読む

14 人が拍手しました(ありがとうございます)

苫小牧港で車を受け取ってきました

日本一の直線区間

知人の中古車販売業者(AQUA)(別ウインドー)を通じて東京で買った車「トヨタ カルディナ」を受け取りに、朝からCさんと2人で苫小牧に行ってきました。

室蘭から苫小牧までは各駅停車で1時間半。
2両編成の気動車に乗り込み、「ガーガー」というディーゼルエンジンの音を聞きながら苫小牧に向かいました。

途中では、地元の高校生やお年寄りが思いの外たくさん乗り降りしていました。
車を運転しない層にとっては大切な足なのですね。

途中、白老〜沼ノ端間はJR全国一の直線区間。

その長さはなんと28.7km。

ここなら私でも運転出来そうです。

続きを読む

14 人が拍手しました(ありがとうございます)

ノンシャラン(洋食)(室蘭)で巨大ポークジンジャー。さらにラーメンも

ノンシャラン
室蘭の外食店は、先日のやきとりの「鳥辰」の他に「ノンシャラン」という洋食店があります。
ここは味もいいのですが、そのボリュームがすごいのです。

今まで2回来たことがあるのですが、ディナータイムは今回が初めて。

前回(昨年)は「ポークチャップ」「ハンバーグ」「海老フライ」「サラダ」の4品を注文して動けないほど腹一杯になってしまったため、今回は「ポークジンジャー」(1,438円)、「ハンバーグ」(1,243円)、「コンビネーションサラダ」(950円)と赤ワインを注文。
続きを読む

18 人が拍手しました(ありがとうございます)

快適なデスクスペース出来ました。クールなLEDライトにスピーカーAT-SP102

モカの部屋 in 室蘭

室蘭のアパートでの私のデスクスペースを作りました。
核になるのはニトリで買ったデスク(7千円ほど)と椅子(8千円ほど)です。

この椅子はとても座り心地が良かったので、その後東京用にもう一つ買ってしまいました。

パソコンは愛機MacBookAirにセカンドディスプレイをつけています。
画面が倍になることによって作業効率も格段にアップします。

続きを読む

17 人が拍手しました(ありがとうございます)

室蘭の街並み…古い空き家がかつての栄華を偲ばせます

ぎんやデパート

室蘭に来て1週間が経ちました。
Cさんの生まれ育った街。
周りを見まわすと「室蘭」という言葉がいたるところにあり、自分が室蘭にいるという喜びを日々痛感しています。

室蘭は新日鐵と日本製鋼所を擁する「鉄鋼のまち」として、日本の高度成長期に大いに発展しました。
夕張などで採れた石炭を鉄道で室蘭に運び、そこで鉄にして船などを作る。

しかしその後の産業構造の変化と共に高炉の火は減少し、人も減ってゆきました。

室蘭市の人口は昭和44年7月の18万3605人をピークに減り続け、現在はほぼ半分の9万395人だそうです。
(参照元:室蘭民報ニュース)(別ウインドー)
しかも今も人口の減少は続いています。

室蘭の中心街を歩くと、今は空き家になった古いビルがたくさんあり、かつての栄華を知ることが出来ます。
この建物は、かつて「ぎんやデパート」として賑わっていたそうです。
続きを読む

23 人が拍手しました(ありがとうございます)

お弁当に自炊。Cさんも一緒に節約してくれるのがうれしいです

暑いので避難質素にお夕食

今朝は6時50分には起きることが出来、Cさんと一緒に朝食を食べて、エルモをちぎれんばかりに振って送り出すことが出来ました。

その後なんと7時半から仕事にとりかかりました。

今日も日中は気温が上がったので、昨日と同じ「よってけ浜町」に避難。
その後さらに、5日前にランチに行った「パーラー あるぽると」でアイスコーヒーを飲みながら涼しくなるまで仕事をしていました。
まさに涼しさを求めてさまよう遊牧民(nomad)ですね。

夕食は昨夜よりぐっと質素に、生ラムの野菜炒め、昆布とキュウリの酢の物、ブロッコリーでした。
どれも美味しかったです。
これでも十分に贅沢ですよね。
続きを読む

19 人が拍手しました(ありがとうございます)

室蘭魚貝尽くし、ボタン海老、イカ、鱈、ホタテ、しかも安い

ボタン海老分厚い鱈

昼間の暑さをなんとかしのぐと、夕方からはぐっと涼しい風が吹いてきました。
ほんとに気持ちいいです。
まるで高原に避暑に来ているみたい。
その分真冬の寒さが怖いですが(^_^;

今日も6時過ぎにCさんが魚貝を背負って帰ってきました。

室蘭産のボタン海老は、これだけ入っていてなんと376円(税込み)!!
東京ではめったにお目にかからない分厚い鱈も280円だそうです。
続きを読む

14 人が拍手しました(ありがとうございます)

暑い!街中のフリースペース「よってけ浜町」がありがたかったです

暑い!

室蘭テレワーク二日目。
午前中は快適に窓からの風を感じながら仕事をしていたのですが、どんどん室温が上がり、ついに昼過ぎには30℃を超えてしまいました。
しかもアパートにはエアコンはありません。

北海道は涼しいんじゃなかったの!?

どうやら

  • 今日は室蘭でもあまりない最高気温28℃まで上がった
  • アパートは窓が片面だけなので風が通らない
  • 最上階で屋根が熱せられた
  • ベランダがなく、ひさしがない分陽射しが室内に入り込む

という条件が重なり、室温が上がったようです。

このままでは熱中症になりかねないので、ふらふらしながらパソコンを持って家から脱出しました。

外に出ると、風が気持ち良かったです。
周りのアパートやマンションを見ると、エアコンの室外機を置いている家はありませんでした。
やはりエアコンがないのはここでは当たり前なのですね。
続きを読む

12 人が拍手しました(ありがとうございます)