自宅(鯖の味噌煮、野菜炒め、ジャガイモ酢の物)

[夕食]★★+ 曇時々晴夜雨

1)野菜炒め
 「タマネギ(薄切り)+ピーマン(細切り)+キャベツ(ざく切り)+人参(千切り)+戻し干し椎茸(そぎ切り)+原稿(締め切り)+もやし」を中華鍋で豪快に炒め、「酒大サジ1.3+醤油大サジ0.6-オイスターソース大サジ1」で味付けし、予め作っておいた煎り卵を混みます。
 実にシンプルな味付けなのですが、オイスターソースの複雑な旨味が全体にまわり、野菜のシャキシャキとした心地よい食感がたっぷりと楽しめる野菜炒めになりました。干し椎茸を噛んだ時に染み出る旨味もポイントですね。
2)鯖の味噌煮
 和食お総菜の定番料理。
 お鍋に「水120ml+砂糖大サジ1.3+酒大サジ2+醤油0.6+味噌大サジ1.5+生姜」を煮立て、鯖を入れて落とし蓋をし、中火で5分ほど煮込みました。
 皮の下についた脂身がぷりんと口の中でとろけ、大変美味しかったです。たったこれだけであの旨味が出るのですからすごいものです。
 サバノ・ミッソーニと発音するとイタリアンに変身します。ニッキニャッキ。
3)じゃがいもの酢の物
 ジャガイモとにんじんを茹で、小口切りにしたおくらと一緒に「酢+砂糖+塩」であえました。
4)冷や奴

———————————————-
→いよいよ夏休みシーズン到来! 行楽地にも多くの人が繰り出し、テレビでも
「行楽地は、家族連れや若者で賑わい」
 というフレーズで紹介されています。でも家族連れでも若者でもない私としてはちょっとだけ取り残されたような気持ちになってしまいます。
 たまには
「行楽地は、独り者の中年男女で賑わい」
 とでも言ってもらいたいものですねー。やっぱ地味すぎますわ、こりゃ。

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “自宅(鯖の味噌煮、野菜炒め、ジャガイモ酢の物)

  1. モカ
    #

     こんにちはー。
     そうなんです。ジャガイモの酢の物。
     さっぱり系でまあ良かったのですが、やはり酢の物は明石の蛸がいいですねー。
     戦場ケ原とは気持ち良さそうですね。
     そちらも若者の賑わいだったようで(^_^)

    Reply
  2. 匿名
    #

    ちはちは〜
    わ〜ジャガイモを酢の物で?初めて見る〜〜そんな頂き方があったのですねえ!

    今日はひとり戦場ヶ原を歩きましたが周りは始終元気でパワフルな小学生だらけでした。5分おきに「こんにちは!!!」の嵐..
    (+〜+;あまりの元気な挨拶に押される失礼な大人の私)いや〜、若者の賑わい…

    Reply
  3. モカ
    #

     ヽ(^。^)ノわーい。
     コメントいただき有り難うございます。
     しかし、私の周りにはSisterEさんのように最高に素敵で結婚していない女性がたくさんいます。
     ほんとに不思議なことです。
     いや、ほんま。

    Reply
  4. SisterE
    #

    あは!独り者の中年は行楽地に似合わないのでしょうかねー。
    この年齢で独りだと、とんでもないクズのような男性を紹介されたりするので、それが困りものです。
    ステレオタイピングで、「オールドミス」(古いかな、この言葉)は男性ならなんでもいい、と思っているのかしら。
    と、荒れている私でした。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »