とりでん(鶏料理)

051002_1s.jpg

 東京の最高気温は7年ぶりに30℃を越える31.7℃。真夏のような一日でした。
 旅行のために荒れ果てた家の中を片づけ、備品を補充し、掃除機をかけ、拭き掃除や漂白などをしているうちに、一日は終わってしまいました。
 しかし、そんな中でもベランダにテーブルを出してビールを開け、今年最後になるかもしれないベランダライフも少し楽しみました。
 乾いた心地よい風に吹かれながらビールを飲み、音楽を聞きながらぼんやりと雲を眺めていると、ほんとにリラックスした気持ちになれます。でもちょっと飲みすぎてしまいました。

 夜は(まだ酔いが完全にさめないうちに)マンションの女友達二人と待ち合わせて映画「四月の雪」を観に行ってきました。
 その前に、鶏料理の「とりでん」に入って腹ごしらえ。私のポルトガルや、友達の八重山旅行の話でしばし盛り上がりました。頂いたのは「串焼きセット」「釜飯」などなど。このお店は安くて助かります。一人1500円ほどでした。
 映画の方は、不倫旅行中に交通事故に逢って意識不明になった二人の双方の妻と夫がこれまた恋仲になってしまうというお話。淡々とマイナー調に話は進んでゆくのですが、その中でやはりヨン様の美しさが光っていました。逆に言うと、ヨン様でなければとりたてて観るような映画ではないと言えるかもしれません。

 ポルトガル旅行記をなかなか書き出せません。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »