成冨(銀座)(日本蕎麦)


[夕食]★★★ 晴

 銀座で蕎麦を食す…。なんという素敵な響きなんでしょう。
 というわけで、今夜は神楽坂に住むMちゃんと一緒に築地に最も近い銀座8丁目にある日本蕎麦屋に行ってきました。

 都営地下鉄大江戸線の築地市場駅で降りると、なんと地上から吹いてくる風が「魚臭い」ではないですか。これには驚きました。
 朝日新聞本社前から銀座中学校の横を通り、吉兆の手前にこのお店はありました。

 店内は以外とモダンな感じで、天井は配管が向き出しのシンプルな内装でした。サービスをしてくれた若い女性が、笑顔たっぷりでとても可愛かったです。
 今日頂いたのは
1)板わさ(500円)
 板わさ11ミリの法則通りに切ってあり、その歯ごたえと上品な旨味で、まずは日本酒が進みました。
2)焼き味噌(600円)
 柚子風味の味噌を焼いたものです。その香ばしい香りで日本酒がまた進みます。
3)天盛り(1000円)
4)しいたけ天(700円)
 肉厚のしいたけが、天ぷらになることによって、見事に味が活性化しているという感じでした。
5)天抜き(900円)
 かき上げ蕎麦から蕎麦を抜いたものです。ダシの効いたおつゆがまたたまらなく美味しかったです。

———————————————-

6)卵焼き(1200円)
 ダシの芳しい香り、卵の柔らかさ、この絶妙なハーモニーに大満足。
7)せいろ
 北海道産の蕎麦粉を使った手打ちの10割蕎麦です。私は蕎麦は(大好きにもかかわらず)うといのですが、つるつると香りを楽しみながら頂いていたら、ほんとにあっという間に無くなってしまいました。美味しかったです。

 日本酒三合頂いて、お会計は一人5400円。大満足な夜でした。
 6時半にお店に入ってから9時半にお店から出るまで、隣のテーブルは二回転お客さんが入れ替わっていました。近くの交差点に路上駐車してあっという間にそばを食べて出てゆくタクシーの運転手さんもいました。やはり蕎麦はさっと来てさっと食べてゆくのが江戸っ子なんでしょうかねえ。私たちみたいにうだうだと酒飲みながら長居するのは粋じゃないのかしらねー。いいんだもんねー、江戸っ子じゃないし(^_^)

◇東京都中央区銀座8-18-6 二葉ビル1F 03-5565-0055 1130-1500 1800-2100 日祝土夜休[地図

   

この記事へのコメント


    

8 thoughts on “成冨(銀座)(日本蕎麦)

  1. モカ
    #

     ほほほ、だといいのですが。

    Reply
  2. GAKU☆
    #

    女性はゆっくりされたほうが喜ばれるんじゃない?
    ご主人的には(^_-)

    Reply
  3. モカ
    #

    >GAKU☆さま
     こんにちは(^_^)
     さすが、このお店もご存知なのですね。
     しかもお店の人のことまでご存知とは恐れ入ります。

     ほそ川というのは、十割蕎麦で有名なところらしいですね。
     ちょっと調べてみて、すごく行ってみたくなりました。
     今度は、もりだけ食べて、さっと帰ってみようかしら(^-^)v

    Reply
  4. GAKU☆
    #

    あ、「成富」、いいでしょ?ここ。

    ここって、両国(元は埼玉)の「ほそ川」で修行したヒトなんだってね。
    「竹やぶ」とならんで「ほそ川」に惚れて蕎麦打ち始める人結構いるみたい。

    ”せいろ”をさっとすすって”抜き”で締め、なんていいねぇ〜。
    ま、長居して無粋、ってのは男の世界だからモカさんはよろしなんでないの?

    Reply
  5. モカ
    #

    >kawamanさま
     お褒め頂き有り難うございます(#^.^#)
     飲ん兵衛なんです。

    Reply
  6. kawaman
    #

    モカさんへ
    蕎麦やで味噌と板わさを食されるモカさんは、本当に通ですね。

    Reply
  7. モカ
    #

    >ワッシーさま
     こんにちは。
     そば屋で日本酒というのはちょっと憧れだったので嬉しかったです。
     ワッシーさまも是非お試しくださいませ。

    Reply
  8. ワッシー
    #

    モカ様へ
    お蕎麦屋さんで、天ぷらと日本酒と〆蕎麦最高の
    組み合わせですね。
    見ていたらお腹が空いてきました。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »