自宅(カワハギ刺し身、カキ豆腐)

[夕食]★★★★ 曇後晴

(昼のお料理教室から続く)
 お料理教室の帰りに池袋の西武デパートの地下鮮魚売り場に行ったところ、なんとなんと、実に活きのいいカワハギが売られていました。ちょっと大きめの本カワハギで1050円。これはもう買わないわけにはいきません。鮮魚売り場のお兄さんに三枚におろしてもらい、スキップしながら家に帰りました。

 カワハギは身の美味しさもさることながら、最高に美味しいのは「キモ」です。
 熱湯にさっとくぐらせて氷水にとり、すり鉢で練りながら醤油を混ぜ込みました。
 ちょっとだけ厚めにスライスしたカワハギの身をこのキモにつけて頂けば、もうあなた、この美味しさを知らずして死ねませんよ。ほんと。淡泊な中にも旨味をたっぷりふくんだ身と、濃厚なとろけるような旨味を持ったキモが相まって、最高な味わいになりました。日本酒がグイグイ進みます。

 今日はこの他に「カキ豆腐」「胡瓜とワカメの酢の物」を頂きました。
 一日ほんとに美味しいものを堪能いたしました。今日会った皆様、よろずの神に感謝いたします。

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “自宅(カワハギ刺し身、カキ豆腐)

  1. モカ
    #

    >おおぐらいさま
     そうなんです、とろけるような美味しさでした。
     おおぐらいさまも、さすがご存知なのですね。
     ほんと、あれを食べると、他のお料理というのは一体何だったのかと思うほどです。
     とても簡単に出来ますので、是非お試しください。
    (私は、またあれを求めてデパートに行こうと思っています)

     「東京スイスイン」、良さそうですね。
     チーズとメークインの取り合わせ…、ラクレットというのですね。
     考えただけでわくわくします。

    >ワッシーさま
     鱈のチャンジャ! 美味しそうです。
     それと焼酎を合わせるとは!!! さすがです。
     私も飲みたくなってしまいましたが、明日はそうそうノーアルコールの日ですよね。
     尽力いたします(^.^;)

    >ビオラさま
     あぁ、やはりお父様もかわはぎ好きだったのですね。
     それを覚えているというのもすごいと思います。
    (かなり印象的だったのでしょうか…?)

     カワハギは煮付けも美味しいのですか?
     試してみたいと思いました。

    Reply
  2. ビオラ
    #

    おおぐらいさまやワッシーさまのおっしゃる通り至福の時ですね〜。
    ほんとに日本酒がぴったり。
    子供の頃、酒の肴にかわはぎが登場すると日本酒好きの父の顔がほころんでました。

    かわはぎは煮付けもサイコーです。
    活きのいいものは東京では高級でなかなか買えません。とほほ。

    Reply
  3. ワッシー
    #

    モカ様へ
    お昼のイタリアン料理を堪能されて
    夜は、カワハギ刺身を肝醤油とこの世の最高の贅沢を
    一気に頂きましたね!
    牡蠣豆腐は寒い時には体も温まり良いですね
    今日も外出から帰り、鱈のチャンジャを食べて
    焼酎ロックをちびちびと頂きました。
    明日は月曜日なのでノーアルコールですね

    Reply
  4. おおぐらい
    #

    かわはぎの肝醤油、とろけるようなおいしさですね。
    でも、あれは料理屋さんでしか頂けないと思ってました。
    自宅でもできるのですね。今度やってみます。

    チーズフォンデュ、大好きです。
    ウチには、フォンデュ鍋もあり、とくに冬は出番が多いです。
    赤羽橋の、「東京スイスイン」なかなかです。
    チーズフォンデュも勿論ですが、チーズがお好きなら、ラクレットもお勧めです。
    とろけて、ちょっと焦げ目が付いたチーズに絡めていただくメークインは、はまります。
    未経験なら、是非おためしください。
    ただ、ランチでは普通のメニューなんですが。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »