イタリアンお料理教室(西所沢)


[ランチ]★★★+ 晴(うー、寒い!)

 今日もまた非常に寒かったです。なんでも1985年以来の寒波とか。その頃私は、うーん、まだお肌もピチピチしてお腹も出ていなかった頃ですね。そんな時代もありました。
 さてさて、今日は月に一度のイタリアンお料理教室の日。西武新宿線特急「小江戸号」にまたがり、イタリアンの聖地「西所沢」まで行ってきました。
 このお料理教室に通うのも、もう丸4年。先生のご自宅の広いリビングの高い天井には先生とご主人(ワインスクール校長)が作った「シャトー・ラ・トゥール」のステンドグラスがはめられ、素敵なインテリアと可愛い小物や雑貨が飾られています。ここに来て気心の知れた先生や友達に会うと、どんなに精神的に疲れている時でもわが家に帰ってきたようなほっとした気持ちになれるのでした。

 今日作ったのは

———————————————-
060107_5.jpg1)カブとキャベツのポタージュスープ
 カブ、キャベツ、ネギ、ニンニクを細かく切り、ブイヨンで煮ます。ミキサーにかけ、牛乳を加えて出来上がり。
 野菜たっぷりの、心も体も温まるスープでした。

060107_6.jpg2)スーゴ・ディ・カルネのパスタ
 スーゴは「ソース」、カルネは「お肉」ということで、ミートソースのことです。
 タマネギ、挽き肉を炒めてワインを加え、トマトを加えて煮込みます。最後にレバーペーストを加えるのがポイント。オーソドックスですが、お肉の美味しさを楽しめる、コクのあるソースでした。

060107_7.jpg3)サーモンとカボチャのグラタン
 フライパンにバターを溶かし、鮭、野菜(カボチャ、しめじなど)を加えます。これをグラタン皿に乗せて生クリーム、チーズ、パン粉をかけてオーブンで焼いて出来上がり。
 簡単なのですが、サクッとした歯触りが楽しめる、素材の味を存分に楽しめるグラタンでした。さっぱりとしているところがまた良かったです。

4)ココアのメレンゲ

余談:お料理教室で、
「寒いのにスカート姿で足を出していると、足が太る」
 という話になりました。冷えるとそこに脂肪がつくのだそうです。
 だったら…、胸だけ薄着にしていれば胸にも脂肪がつくのかしらと真剣に考えてしまった私なのでした。

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “イタリアンお料理教室(西所沢)

  1. モカ
    #

    >鷹野さま
     こんばんわ。
     西所沢にお住まいだったのですね。
     そうなんです、密かにイタリアンの聖地なんです(^.^;)

     先生の手の下は「メレンゲ」です。サックリお菓子でした。

     これからもよろしくお願いいたします。

    Reply
  2. 鷹野
    #

    12〜3年くらい前になりますが、西所沢に住んでいたことがありました。
    漫画家のエビスさんの家以外、何もない街だと思っていましたが、イタリアンの聖地になっているとは!

    ところで、右下の写真「先生の手」に映っている食材はなんですか?

    Reply
  3. モカ
    #

    >ポルちゃん(^_^)
     そうですね、ミキサーにかける前もとても美味しそうです。
     寒い夜には、こういった暖かい煮込みがいいですね。
     ミートソースにレバーペーストというのは私も初めて知ったのですが、とても美味しかったです。
     レバーはレバ刺しもそうなのですが、ほんとに美味しいです。

     美味しいダシの出たお汁を捨ててしまった友人の話、哀しいけど笑えますね。もったいない〜。

    Reply
  4. ポルちゃん
    #

    モカさん

    スープはミキサーにかける前の状態でもおいしそう!
    あとソースにはレバーペーストがポイントなんですね〜
    野菜の値段が高騰してる中、
    野菜具沢山のメニューは羨ましい限りです。
    料理教室で思い出したのですが、高校の調理実習時、
    手間暇かけて作っただし汁を見て料理音痴の友人が
    「この水濁ってる!」といって捨ててしまいました(笑)

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »