イタリアン料理教室(西所沢)


[ランチ]★★★★ 晴時々曇

 10時に家を出て、西武新宿線特急「小江戸号」にさっそうとまたがり(うう、股が…)、西所沢のお料理教室に行ってきました。
 西所沢駅で、電車のあちこちから出てきたお料理教室仲間と一緒におしゃべりをしながら先生宅へ。
 ピンポンと呼び鈴を押すと、いつものように優しい笑顔で先生が出てきます。この笑顔を見ると、どんな苦労も悲しみも一瞬のうちにどこかに飛んで行ってしまうのです。
 ここしばらく週末も家に閉じこもり、精神的にも落ち込むことが多かったので、今日は先生の笑顔は特に心に染み入りました。

 今日作ったのは…

———————————————-
1)モッツァレラ・イン・カロッツァ
 モッツァレラ(うぅ、キータイプしにくい…)チーズにアンチョビを乗せ、餃子の皮で挟んで揚げ焼くだけ。
 とっても簡単なのですが、アンチョビとチーズが実に不思議で豊かな味わいを作り出し、ワインのつまみとして最高でした。食べた瞬間、あまりにも美味しくて感嘆の声を上げてしまいました。パリパリの後に口の中に旨味が広がります。
2)パッパ・アル・ポモロード
 トマトの煮込みにパンを入れたものです。柔らかくなったパンにたっぷりとトマトの味がしみ込み、心も体も温まる逸品でした。
3)エルバッツォーネ
 パイ生地にほうれん草と挽き肉の炒めたものを乗せて卵やチーズを乗せてオーブンで焼いたものです。
 さっくりと焼けたパイと、ほうれん草のお肉のしっとりとした食感と旨味がよく合っていました。
4)甘いサラミ

 優しい先生の周りで、みんなでわいわいとおしゃべりをしながら料理を作っていると、ほんとに豊かでくつろいだ気持ちになります。まるでここだけ別世界、サンクチュアリのようです。
 これもひとえに先生夫妻の人柄によるところが大きいと思っています。とても仲が良く、精神的にも物質的にも豊かな暮らしをされているお二人。
 そしてその二人の人柄に魅かれて集った生徒のみんなも、信じられないほどいい人達ばかり。皆、優しくて思いやりがあり、まるで家族と一緒にいるような気持ちになってしまいます。
 こんな素敵な場を提供してくださる先生ご夫妻に心から感謝しています。ほとに皆様有り難うございます。

   

この記事へのコメント


    

3 thoughts on “イタリアン料理教室(西所沢)

  1. モカ
    #

    >おおぐらいさま
     暖かいコメント有り難うございます
     一緒にいて、心の底から安心出来る友達というのはほんとにあり難いものだと思います。
     そういう人達と一緒におしゃべりをするのいは、元気の元ですね(^_^)

     餃子の皮はそんな風に使えるのですね。
     おおぐらいさま、すごいです。

    >ワッシーさま
     こんにちは。
     そうなんです。お昼間にああやってみんなでお料理とお酒でくつろぐというのは、休日の最高の過ごし方かもしれません。
     一ヶ月に一度でもそういう時間を持ててあり難いと思っています。
     餃子の皮、是非お試しくださいね(^_-)-☆

    Reply
  2. ワッシー
    #

    モカさまへ

    明るいうちに美味しいお料理を作りながら
    気の合った仲間でワイワイとワインを飲みながら
    いろいろなお話をしながらあっという間に過ぎてしまいますね
    そんな時間が一番の幸せですかね
    餃子の皮を使った料理だと自宅でも手軽に出来そうなので
    次回は自宅でも試してみたいです

    Reply
  3. おおぐらい
    #

    モカさん、元気になれるエネルギーの元を補充できてよかったですね。
    人としゃべる事って、元気の元かも。。。

    餃子の皮は、おつまみには最高な素材です。
    一口(3口)?サイズのパリパリビザに最適ですよね。
    薄くトマトソースを塗ってチーズをパラリとしただけでワインのお供にサイコーです。
    カリカリに焼いて、お召しあがりください。
    具は、何でも良いけど、水分の少ないものを控えめに。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »