自宅(ブリ大根、菜の花お浸し、茹で白魚)

[夕食]★★+ 曇(また寒いょ)

 今日は会社を休みました。実は昨日の夕方の時点で風邪具合が悪く、今日のために仕事を持ち帰っていたのです。
 というわけで、朝は9時40分頃に起き出してからずっとパソコンに向かっていました。休日に家でパソコンに向かっていると、辛くなってくるのですが、平日だと不思議とそういう気持ちになりません。やはり休日は他の人が遊んでいると思うからなのでしょうね。

 夕方に近くのスーパーに行き、食材を購入。夜作ったのは

———————————————-
1)ブリ大根
 出来るだけ「アラ」の多いパックを購入。なんと言っても美味しいのは「アラ」なのですから。
 「アラ」は熱湯でちょっと茹でて表面が白くなったら氷水にとり、ウロコを丁寧に指でしごいて取ります。大根は半月切り、生姜は厚めの薄切りにし、全部をお鍋に入れて水5カップを入れて強火にかけます。
 沸騰したらアクをとり、みりん大サジ4+砂糖大サジ4を加えて落とし蓋をして10分煮込み、さらに醤油大サジ3を加えて煮込みます。最後に醤油を大サジ2加えて出来上がり。

 ブリの身は旨味の大半をお汁と大根に吸い取られてしまっており、やはり美味しかったのはアラでした。特に目の周りのプリプリのゼラチン質は絶品。トロリとした食感と濃厚なうまみを口の中で転がし、そこに日本酒を注ぎ込めば、もう最高でした。

2)菜の花のお浸し
 春野菜の「菜の花」はこれからが旬の季節。塩を入れたお湯でさっと茹でて水にとり、水気をしぼりました。そこに「水1.5カップ+昆布+かつお節+醤油大サジ2+みりん大サジ2」を一煮立ちさせて冷ましたお汁をかけて頂きました。
 菜の花のほろ苦さとしゃきっとした歯ごたえ、そしてそれを引き立てるだし汁の旨味がとてもよく合っていました。大人の味ですねー。

3)茹で白魚
 スーパーで福島産の白魚を発見。さっそく家に持ち帰りました。しかしやはり寄生虫のことが気になり、ネットで調べたところ、けっこうな確率で横川吸虫という寄生虫がいると書いてありました。しかし産地によってばらつきがあり、私が買った福島産は比較的安全だということでした。[こちら
 これは悩みます。せっかくだから生で食べたい。しかしやはり寄生虫は恐い。
 随分長いこと白魚達とにらめっこして悩み抜き、結局茹でてみることにしました。
 白魚を熱湯に入れると、透明な体は瞬間的に真っ白になり、その体はよれよれに。ざるにあけてちょっと食べてみると、なんと、やや大きめの「しらす干し」に変わってしまっていました。とほほ。やはり茹でてはいけないようですね。失敗。

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “自宅(ブリ大根、菜の花お浸し、茹で白魚)

  1. モカ
    #

    >ワッシーさま
     有り難うございます。
     ほんとに寒暖の差が激しいですよね、今夜はまた寒いみたいですし。
     今夜は日本酒でちょっと暖まりました(^_^)
     ワッシーさまも暖かい夜を過ごされましたか?

    Reply
  2. ワッシー
    #

    モカさまへ

    風邪気を付けてくださいね
    暖かくなったり寒くなったり
    気温の変化が大きいのでお体大切にしてくださいね
    ぶり大根に菜の花のお浸し・白魚に日本酒ですか
    またまた日本酒に合うお料理でしたね

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »