自宅(餃子、野菜炒めオイスターソース、青梗菜スープ)

[夕食]★★+ 曇時々腹

1)餃子
 最初は油を敷かずに、中火でちょいと焦げ目が付くまで焼き、そこに熱湯をたっぷり注ぎます。3〜4分ほど茹で、お湯を捨てて油を少し注ぎ、カリッと香ばしくなるまで弱火で仕上げます。
2)野菜炒めオイスターソース
 生姜とニンニクのみじん切りを中華鍋で熱します。この時に立ちのぼる香りが実に食欲をそそるのです。
 そこにタマネギ、人参、キクラゲ、タケノコ、キャベツ、ニンニクの芽を加えて炒め合わせ、醤油大サジ1+酒大サジ1+オイスターソース大サジ1弱を加えて出来上がり。
 野菜のしゃっきりとした歯ごたえとあまみがシンプルな味付けの中で活きていました。
3)青梗菜スープ
 水2カップ+コンソメ1個を沸騰させ、青梗菜+人参+葱を入れて軽く煮、塩胡椒で味付けして溶かし卵を入れました。
 超簡単ですが、なかなかほっとする味わいのスープになりました。餃子などのちょっと油っこいメニューにぴったり。
 
余談:テレビでスキーのジャンプを見ていたら、アホネン選手が出ていました。
 ヤンネ・アホネンは、ポーカー・フェイスで有名なフィンランドのスキージャンプのエース。しかし、そのクールな顔立ちと裏腹に、どうしてもその名前を聞くたびに笑いを抑えることが出来ません。
 どうしても、くるりとこちらを向いて、「わて、アホやねん」と一発かましてくれるような気がしてならないのです。
 絶対フィンランドって関西系ですよね。ピロネン、バタネン、カンクネン、ソウデンネン、チャイマンネン…。

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “自宅(餃子、野菜炒めオイスターソース、青梗菜スープ)

  1. モカ
    #

    >じゅんじゅんさま
     本場中国のジャオズ(?)。
     すごく魅力的ですね。
     焼き餃子よりも水餃子の方がポピュラーだというのは本当でしょうか。
     肉もいろいろと…(^.^;)

     またいろいろと中国事情を教えてください。
     楽しみにしています。

    Reply
  2. じゅんじゅん
    #

    モカさま

    中華料理ですか・・・おいしそうですね!

    中国の餃子(ジャオズ→正確な発音かは自身ありません)
    は種類がいっぱいありますよ!

    種類は、水餃子、焼き餃子、蒸し餃子・・・

    中の肉は、豚肉、羊肉、牛肉、鶏肉・・・犬?などなど
    いっぱいあるようです(犬は推測ですが・・・)

    私は怖いので、
    いつも白菜と豚肉を食べてます。

    Reply
  3. モカ
    #

    >ワッシーさま
     はい、カメラに向かって一言言って頂けたらと思います(^_^)
     ワッシーさまも焼酎を飲まれたようでよかったですね。
     お互い健康に気をつけながら美味しくお酒を飲みましょう。

    Reply
  4. ワッシー
    #

    モカさまへ

    「わて、アホやねん」と一言爆笑ですね!
    本日のモカさま亭は中華三昧ですね
    餃子・野菜炒めと来たらお決まりはビールですね!
    今日はワッシーも焼酎割り水を頂きました。
    久々に美味しかったです

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »