長野(福岡)(水炊き)父との最後の日

[夕食]★★★+曇時々晴

毎日応援し続けてきた通勤路の桜に、ついに花が咲きました。
まだほんの一部なのですが、手のひらを広げるように咲いたその姿は、喜びと希望を感じさせるものでした。
ついに春がやってきましたね。

午後の2時過ぎまで会社で仕事をし、その後飛行機で福岡へ。大好きなお父さんと食事をするのです。
しかし、浜松町からモノレールに乗って空港についてチェックインをしようとしたとき、なんと旅行会社からもらった航空券の引き換え券とホテルのクーポン券を会社に置いてきたことが発覚。ものすごく焦りました。なんたるアホでしょう。たまにこういう大ボケを私はしでかすようです。
しかし、会社の同僚に電話して、引き換え券に書かれているナンバーを教えてもらい、自動チェックイン機に入力したところ、難なく搭乗券が出てきました。なるほど、今はこういう仕組みになっているのですね。
飛行機の中では、500円を出して缶ビールとおつまみセットを購入。このひとときが最高なのです。しかし、周りを見回してもあまり飲んでいる人はいませんでした。

水炊き「長野」

前回父と会ったのは2年前。駅の待ち合わせに現れた父は、前回よりもちょっと小さくなり、背中を丸めて歩く姿に老人を感じてしまいました。わかってはいますが、やはりちょっとショックでした。
待ち合わせた後はすぐにタクシーで水炊き「長野」へ。
ここは、博多水炊きのお店の中でも特に気に入っているお店なのです。

テーブルにつくと、既にお鍋にはたっぷりの鶏スープがはってあります。お鍋に火をつけ、まずは鶏スープをカップに入れて頂きます。このスープの美味しいこと!ダシがたっぷりと出ていて、濃厚な旨味を楽しむことが出来ます。
骨付きもも肉に火が通ると、まずこれをポン酢醤油でいただきます。このお肉も歯ごたえがありながら実にジューシー。ビールと日本酒で頂きました。
さらにお店の人がミンチを丸めてスープに入れてくれます。このお肉も、噛みしめるとジュワっと味が染み出し、とても良い香りがしました。
次にたっぷりの野菜をお鍋に入れて頂きましたが、ここでお腹がいっぱいになって最後の雑炊まではたどり着けず。父はビニール袋にあまった鶏スープを入れて持って帰りました。

060324_7.jpg父とは短い時間でしたが、いろいろな話をしました。
特に、家族で過ごした昔話が出来たのが嬉しかったです。あの時は家族でこんなことをしたねー、とか、海で遊んで楽しかったねー、とか。そんな話をするたびに、ふっと時間がさかのぼり、懐かしい気持ちになれました。
ずっと引っ越し続きで幼なじみも親戚もいない私にとって、昔の話が出来るのはこういう時だけなのです。ほんとに楽しかったです。

父が「何か困ったこととかないかい」と聞いてくれたので、思い切って「ちょっと寂しい」と応えたところ、父が「そうだなー」と言ってくれたのが何より嬉しかったです。
以前はとてもこんな話は出来ませんでした。それどころか、父に対して反感や怒りもしばしばおぼえていました。
それが今二人とも年をとり、こうやってお酒を飲みながらしみじみとゆっくり話が出来るようになりました。あり難いことです。
父は外見こそだいぶ年をとりましたが、お酒もぐいぐい飲み、お肉も私よりもたくさん食べて、食欲おう盛。元気な姿に安心しました。
昭和一桁生まれの九州男児。不器用で、世渡りが下手くそで、どうしようもなく優しくて、家族の中で一番家族のことを思っていながらもそれがわかってもらえなかったお父さん。もっともっといつまでも元気でいてね。

父をタクシーで駅に送り出し、私は近くのホテルへ。
わずか2時間しか一緒にはいられませんでしたが、たくさんの年月を取り戻せたようなとても貴重な時間でした。
ありがとう、お父さん。また会ってね。

   

この記事へのコメント


    

6 thoughts on “長野(福岡)(水炊き)父との最後の日

  1. モカ
    #

    >テツキさま
     こんばんわ。
     ご感想有り難うございます。
     共感して頂けて、ほんとに嬉しいです。
     テツキさまを始め、みんなずっと元気で、そして心を通わせられる満ち足りた人生を過ごせるといいと心から願います。

    >フリスカさま
     フリスカさまはお父様をずっと前に亡くされたのですね。
     お父様はどんな方だったのでしょうか。
     もういない人のことを思うと、寂しいですね。

     乗物の中で飲むお酒って美味しいですよね(^_^)

    Reply
  2. フリスカ
    #

    お父さまとの語らい、うらやましいです♪
    私は父をずいぶん前に亡くしてしまったので〜。
    私も飛行機でも、新幹線でも必ず飲みます! 昼間でも、です。

    Reply
  3. テツキ
    #

    コンバンワ。
    うう・・読みながらシンミリとしてしまいました。
    良いです!ちょっとした物語を読んでる気分になりました。心が豊かになる思いです。
    モカさんも、お父さんも、ぜひぜひもっともっと元気でいてください!
    それは僕にとっての力にもなるので(ずうずうしいですが)^^

    Reply
  4. モカ
    #

    >ワッシーさま
     こんにちは。
     はい、ささやかながら親孝行をしてきました。
     水炊き、美味しいですよー。博多にいかれたら是非お試しください。

    >じゅんじゅんさま
     ニーハオ。
     中国は何が今一番のニュースなのでしょうか。
     じゅんじゅんさまは年に一回のご帰国なのですね。春節というのは1月ですか?
     親はほんとにいつまでたっても子供のことが心配なのですね。
     うっとうしいこともありますが、あり難いことです(^.^;)

    Reply
  5. じゅんじゅん
    #

    モカさまへ

    こんにちは!
    読んでいて帰国した時を思い出しました

    1回/年 春節の時に帰国します。
    その際は両親と一緒に食事をしますが、
    母はあれこれと
    ・いつまで中国にいるつもりだ?
    ・早く帰ってこい!
    ・変な物たべるな!
    などなど・・・いつもの調子です(^^;

    でもそんな声が聞けるのがいいですね!

    Reply
  6. ワッシー
    #

    モカさまへ

    実家に戻り、良い親孝行が出来て良かったですね。やはり元気な娘さんの姿を見てお父さんも喜んでいたでしょうね
    水炊きもとっても美味しそうですね

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »