新じゃがと鶏肉の照り煮、春雨と野菜の塩炒め

[夕食]★★★+ 曇

 今日の東京の最高気温は11℃。真冬並の冷え込みになるということで、ウールのコートで出勤しました。ちょっと恥ずかしかったですが、丁度良かったです。
 夜は飲みにも行かず、自宅居酒屋も開店せず、おとなしく普通のお食事にしました。でもとても美味しいものが出来ました。

1)新じゃがと鶏肉の照り煮
 新じゃがは少し水に浸し、タワシでこすっておきます。(基本的に皮はつけたまま調理します)
 鍋に油を熱し、鶏もも肉(一口大)とじゃがいもを炒めます。「缶詰めのうずらのゆで卵+水+(麺つゆなどの)和風だし調味料」を加え、弱火で煮、最後にスナップエンドウを加えてさっと火を通して出来上がり。

※水を入れた後に弱火からスタートすることにより、じゃがいもは煮崩れずにしっかりとした美味しい歯ごたえにでき上がります。
※また、皮付きにすることにより、皮を噛みきる時に「プチっ」という心地よい歯ごたえを楽しむことが出来ました。


———————————————-
 鶏肉から出た旨味がほどよくじゃがいもにしみ込み、新じゃがの実に美味しい甘みとともに、とても美味しいお料理になりました。
 ビールにもぴったり。じゃがいもはビタミンCも豊富で健康にもGood!
 とっても簡単なのに美味しい、まさに旬の食材の勝利とも言えるお料理でした。

 うーん、これは給食のメニューに加えてもいいのはないでしょうか、山岡さん!(栗田)
 そうだ山岡君、そうしたまえ(大原社主)
 うひゃー、決まり決まり!(富井副部長)
 おのれ、士郎! うぬぬぬぬ!(海腹雄山)
 飛雄馬!よくやったぞぉぉ!!(伴)(友情出演)

2)春雨と野菜の塩炒め
 春雨は熱湯で4分茹でて水にとり、適当に切ります。
 フライパンで野菜(青菜、白菜、人参、タマネギ)と春雨を炒め、市販の塩ダレ調味料で味付けして出来上がり。
 なんとも簡単ですが、野菜たっぷりで栄養も抜群、春雨のクニュクニュとした食感も楽しめ、あっさり塩味が美味しいお総菜でした。
 これにエビの剥き身でも入れたら立派な主菜になるでしょう。

3)スナップエンドウ
 これも、そろそろ旬の野菜です。帰りがけの八百屋で一袋100円で購入。丁寧に筋を取り、2分ほど塩ゆでしました。
 とても甘みがあり、何もつけないでぽりぽりと一気に頂いてしまいました。スナック感覚。しかしスナップエンドウが正式名称です(1983年より)。

今日の一枚

 お気に召して頂けましたら、ポチッとお願いいたします<(_ _*)>
    ↓
 にほんブログ村 料理ブログへ

   

この記事へのコメント


    

3 thoughts on “新じゃがと鶏肉の照り煮、春雨と野菜の塩炒め

  1. モカ
    #

    >ワッシーさま
     こんにちは。
     う!すみません、ビール飲みました。
     でもここのところ、ずっと500ml缶1本にしています。
     これくらいが丁度いい加減かなーっと(^_^)、思えるようになりたいです。

    >GAKU☆さま
     ササミですか…。
     うーん、やっぱりあの脂身のプリプリっとしたのがないと物足りませんワ(^_^)

    Reply
  2. GAKU☆
    #

    美味いんだろうけど、
    モモ肉をムネとかササミにすると、
    血糖値上がるづらい、よね?多分。。。
    でも美味いんだよなぁ。

    Reply
  3. ワッシー
    #

    モカさまへ

    本日は禁酒日復活ですか!!!!
    自分も見習わないとダメですね
    今日は飲み過ぎて頭がグルグルしています

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »