ラ・リューン(東麻布)(フレンチ)

071214_1.jpg

[夕食]★★★★+ 晴

 今夜は一足先のクリスマスディナーということで、Cさんと二人で東麻布のラ・リューンに行ってきました。
 このお店にはランチでは時々行っているのですが、ディナーはまだ三回目。
 毎回お料理を頂くたびに、どんどん美味しくなっていることがわかる素晴らしいお店です。シェフのたゆまぬ努力を感じます。
 
 今日頂いたのは、5800円のBコース(オードブル×2、メイン、デザート)。
 まずは食前酒のキールとお通しを二人で頂きながらメニューをじっくりとセレクトします。この時間がまた楽しいのです。
 二人で選んだのは

———————————————-

・ムッシュデュレのフォワグラテリーヌ自家製ソース添え

 滑らかな食感と濃厚な旨味のフォワグラを、洋梨とバナナのソースと一緒に頂きました。
 フルーツの甘みとフォワグラが合わさって、超絶な旨さでした。

・牡蠣のベニエ インカのめざめのフリカッセに甘酸っぱいフランボワーズコンポート

 カリッと揚がった牡蠣とフランボワーズのソースが最高に合っていました。
 一緒に合わせたワインは、ロワールのソービニオンブランのすっきりとした白ワイン。もうたまりません。

・有機野菜のサラダ

 美味しい野菜がてんこもり。これで白ワインを頂く幸せよ。


・ボタン海老のディエド・ラ・フランスのトリュフ和えを添えて

 そしてメインは

・茨城産茜地鶏のロースト 半熟卵と赤ホウレン草と一緒に

・ウサギのロワイヤル風

 ウサギの肉を赤ワインで煮込み、煮上がった後にウサギの血と内臓を加えてソースにしたという、まさにジビエ料理です。
 濃厚な旨味のソースが赤ワインにぴったりでした。

071214_14.jpg

 デザートもこれまた絶品に美味しかったです。

 私はCさんとラ・リューンに来る今日のこの日をずっと前からすごく楽しみにしていました。
 そして、ラ・リューンはその期待に見事に応えてくれました。どのお料理も実に美味しく、至福の時を与えてくれました。

 ラ・リューンは東麻布の住宅街の分かりにくい場所にあります。正直言って、最初はこんな場所で大丈夫なのかと心配しました。
 しかし、着実にお客さんは増えてゆき、今や昼も夜も満席状態のお店になっています。
 これもひとえにシェフの永田敬一郎さんの努力のたまものだと思います。美味しいお店には必ずお客さんは入るものなのでしょう。

 幸せな夜を有り難うございました。

フランス修行時代の旧友とフレンチディナー(La Lune)へ

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “ラ・リューン(東麻布)(フレンチ)

  1. モカ
    #

    >おおぐらいさま
     こんにちは。
     朝から書き込み有り難うございます。
     今日もお仕事なのですね。ご苦労様です
     これから春まで忙しいのですね。頑張ってくださいねー。稼いで、また美味しいものを食べましょう。

     ラ・リューンはやはり最高に美味しかったです。
     フォアグラ、旨過ぎ。
     ラ・リューンディナーは一年に一度は行きたいと思いました。

    Reply
  2. おおぐらい
    #

    モカさま、おはようございます。

    師走も押し迫り3月半ばの終結まで、臨戦態勢で今日もお仕事です。
    毎年ながら、忙しいこの季節、トホホな気分です。早く春になって欲しい・・・・
    でも、花粉が飛ぶのも困るけど。

    あこがれのラ・リューン、ホントに美味しそう。
    特にジビエ好きにはたまりません。
    フォアグラとフルーツの組み合わせもベストですよね。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »