越路(ふぐ)(住吉)

071222_1.jpg071222_2.jpg

[夕食]★★★+ 曇後雨

 冷たい雨の降る一日でした。
 そんな中、近所の和食屋で親しくしているKさんご夫妻と一緒にふぐを食べにいってきました。
 Kさんは近所の高層マンションの3*階にお住まい。その悠然とした姿は“風流人”という表現がぴったり。私たちより少し年上のすごく魅力的なご夫妻なのです。

 行ったのは江東区住吉にあるふぐ料理店。
 Kさんご夫妻も20〜30年も通っているという、庶民的ながら老舗の風格のあるお店す。

 フグのフルコース(フグコース?)はまずは本日お料理してくれるフグの“顔見せ”からスタート。
 この大きなフグを頂けると思うと、気持ちも盛り上がります。

———————————————-
071222_4.jpg071222_5.jpg

 まず出てきたお料理は「ふぐサラダ」と「煮こごり」。
 サラダには“フグのたたき”と”皮の湯引き”が入っていました。コリコリとした食感が美味しかったです。
 しかし
「ここでサラダを全部食べると最後の雑炊まで辿り着きませんよ」
 というKさんのアドバイスで、4人全員野菜は残しました。ちょっと我慢です。
 煮こごりもプリプリの食感が美味しかったです。

071222_3.jpg071222_6.jpg
071222_7.jpg071222_8.jpg

 頂いたお酒は、もちろん“ひれ酒”。
 熱燗にフグのひれを入れてそのダシを楽しみながら頂きました。

 続いてはお待ちかねの「てっさ」の登場です。
 やはり私は刺し身が一番大好き。白く透き通った身を二枚ほど重ねてあさつきを巻き、モミジおろしとあさつきのみじん切りをたっぷり入れたポン酢醤油につけて頂きます。
 心地よい歯応えと甘味、そしてアサツキの香りとポン酢醤油の酸味が合わさって、えも言われぬ最高の美味しさでした。
 ひれ酒がぐいぐい進みます。

 次は「フグの唐揚げ」。これがまた旨かったです。
 しっとりふっくらとした食感のフグを噛みしめると、旨味がジュワっと口の中に溢れました。

071222_9.jpg071222_10.jpg

 お次は「フグしゃぶ」です。
 少しだけてっさよりも厚めに切ってあるフグの身をさっとダシにくぐらせて、ポン酢醤油で頂きました。
 温かくなることによって、フグの旨味がまた一段と増していました。

071222_11.jpg071222_12.jpg

 そしてここでは「白子」も頂きました。
 私はフグの白子は初体験。そのマシュマロのような神々しいお姿の白子をだし汁に入れ、待つこと数分。
 ドキドキしながら口の中に運ぶと、絹のような滑らかな食感と上品な旨味が口の中に広がりました。これはたまりません。

071222_13.jpg071222_14.jpg

 皮のしゃぶしゃぶも美味しかったです。
 コラーゲンたっぷりの皮は、お湯の中でみるみる白色から半透明に変化してゆきました。
 ムニュムニュとした食感が実にたまりません。

071222_15.jpg071222_17.jpg

 さらに「白子焼き」も登場。
 表面がこんがりと焼き上がっており、その部分がマンジュウの皮のようになっていました。
 香ばしい“皮”を口の中で破ると、濃厚な白子がどろりと出てきます。これまた美味しかったです。

 そして鍋の王様「てっちり」の登場です。
 熱の加わったフグの贅沢な切り身の美味しかったこと。
 切り身は捌いたばかりで、まだ動いていました。

071222_18.jpg071222_16.jpg

 そして最後は、これ以上にないほどの贅沢なダシが出ていおつゆを使っての「フグ雑炊」です。
 餅とご飯を入れてグツグツと煮込み、溶き卵を回し入れ、よくかき回して頂きました。
 フグのダシがたっぷり。とても美味しい雑炊でした。

 まさに大満足のフグコース。お酒もたっぷり飲んで4人で62,040円でした。
 これだけ堪能してこの価格はたぶん安いのだと思います。白子はオプションだったので、これがなければもっとずっと安く済むと思います。
 でもボーナスがスズメの涙ほどしか出なかった私にはちょっと贅沢すぎたので、今日はCさんに援助してもらいました。ありがとねー、また行きましょう。うそうそ。

 二次会はKさんのお宅で、100万ドルの夜景を見ながら1時頃までお酒を飲んでいました。
 今の私には分不相応なほどの贅沢な夜を有り難うございました。

◇東京都江東区住吉2丁目12-3 03-3631-1089
越路(ふぐ)

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “越路(ふぐ)(住吉)

  1. モカ
    #

    >おおぐらいさま!
     こんばんは。
     そうですか、やはりこれはお安いのですね!
     良かったら今度一緒に行きましょう。
     自宅でのフグもいいですよね。大好きです。
     六本木のクリスマスはさぞかしロマンチックなことでしょう。
     いいですねー。
     ラグジュアリーな六本木のクリスマスを私も体験してみたいです(^_^)

    Reply
  2. おおぐらい
    #

    モカさま

    ホントにおっっっ、お安いです。。
    充実のコースの上、白子付き!!!!
    お酒も付いて。
    なかなかお目にかかれませんが、いいお店ですね。
    たまに奮発しても、てっさだけ、とか鍋だけとか、白子焼き(だぁいすき♪)だけとか。
    部分的に頂いてます。

    そういえば、昨夜のおおぐらい家の夕食は、河豚ちりでした。
    奮発したつもりで、2,600円の鍋用切り身のパックで。う〜〜ん、モカさんの生きてる河豚の写真を見たら、霞むなぁ・・・・・

    この連休、昨日は仕事、明日は親戚の法事(なんと信心深い仏教信者でしょう!)、無信教徒のささやかなお祭り騒ぎには、無縁です。
    でも、世の中はクリスマスモード一色のようで、さっき六本木に行ったら、あまりの人で、お巡りさんが歩道を歩く人々の交通整理をしてました。すごかった・・・・・

    Reply
  3. モカ
    #

    >ベルさま
     や、安いですか!!
     やはりそうなんですよね。
     私もこの値段だと一年に一回行けたら御の字だと思います。
     でもまた行きたいと思います。
     天竹というお店も良いのですね。
     しかしやはりフグはいいですよねー。
     昨夜は生きている幸せを感じました!
     ベル様も是非フグ楽しまれてくださいね。

    Reply
  4. ベル
    #

    モカさん、や、安いです!!!
    このコースでしかもお酒も飲んででしょ???
    びっくりの安さだと思います。
    で、でも一人15,000円超え、そうそう通えるものではありませなんが・・・。
    ちなみにワタシの行きつけはかちどき橋にある天竹です。こちらは、ものすごくリーズナブルなお値段で&お味です。

    Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »