Daily Archives: 2009年12月4日(金)

焼き鳥屋→カラオケ→寿司→昏倒

091204_1.jpg091204_2.jpg

 やってきました金曜日!
 TGIF(父ちゃん元気で一発ファイト)ですね。

 今夜は、昨日のうちから「近所の焼き鳥屋さん」に行くことに決めていました。
 昨月たくさん内職をしたので、少し余裕が出たのです!

 暗い夜道にぽつんと光る赤提灯に吸い寄せられるようにお店に行くと、外で焼き鳥を焼いていたお父さんが

「お、モカちゃん、今日は貸し切りだぞ」

 と声をかけてきました。
 「え、入れないの?」と思ったら、何と私一人の貸し切り。エルモ

 6時半にお店に入り、なんと8時過ぎまでずっと私一人でした。

———————————————-
091204_3.jpg091204_4.jpg
091204_5.jpg091204_6.jpg

 まず出てきたのは(ここでは基本的に注文はしません)、飴色に煮込まれたイカ大根、菊の花のお浸し。
 うーーーん、味がしみた大根の美味しいこと。
 菊の花も歯ごたえが素晴らしいです。

 ビールを飲めば、ほっと心がなごみます。嬉しい〜

 次は、しめ鯖とイカ刺し、さらに自家製の塩辛。
 しめ鯖は脂がのってすごく美味しかったです。
 新鮮な鯖でないと、この味は出ないのでしょう。

 塩辛も新鮮なイカと沖縄の塩で作っており、とってもまろやか。ペロペロ

 さらに、玉こん、焼き鳥3本(もも、砂肝、つくね)を注文。

 頂いている間、斜め前に座ったお店のお母さんとのんびりと話していました。
 しっかりもので優しいお母さん。
 まるでほんとの母親と話しているような幸せな気持ちになりました。

 8時で一応閉店なので、お父さんが外で焼いていた焼き鳥の一式を片付け、提灯をさげ、のれんも中に入れます。
 そして、実はここからが楽しい時間なのです。

 それを見越したかのように、常連たちがお店にやってき始めました。
 昭和9年生まれのTちゃん(女性)、地元の大学時代から15年以上ここに通っているNさん(男性)、そしてCさん。
 Nさんは塩辛が出ると、近所の弁当屋に走って白米を買ってきました。

 お酒もいいけど、塩辛にはやはり白いご飯なのだそうです。
 私もちょっとご飯と塩辛を横取りして頂いたのですが、実際にすごく美味しかったです。
 これはお酒でもかないません。

091204_7.jpg091204_8.jpg

 この頃になるとお父さんお母さんもテーブルに着き、山形の芋煮などを食べながらみんなで盛り上がります。ビール
 ほんとに幸せなひとときです。

091204_9.jpg091204_10.jpg

 お店を出たのは11時頃でしょうか。
 Cさんのお誘いでさらに駅前のスナックへ。
 優しい老夫婦がやっているこのスナックもとても心が和むのです。

 広い店内は、地元のIT企業の若い人たちが15人くらいですでにカラオケで盛り上がっていました。
 全員若い!
 社長と呼ばれていた人も私よりずっと若いと思います。
 とてもこんな会社には私のような年齢の人は入る余地がないなーと思いました。

 若い女性も二人いて、二人とも可愛かったです。
 その一人をナンパしようとしたのですが、失敗。逃げられてしまいました。
 Cさんももう一人の女性が北海道出身と言うことでさかんに声をかけていました。
 若い人たちに詰め寄る中年男女。

 そしていつの間にか若手男性社員と一緒になって歌うおばさんモカ。
 腰には万歩計。うーーー、マンボ!

091204_11.jpg091204_12.jpg
091204_13.jpg091204_14.jpg

 お店を出たのは3時頃でしょうか…。
 さらにそこから寿司屋に入るCとモカ。

 へいらっしゃい!
 とカウンターに座り、白子ポン酢、お寿司などを頂きました。
 最初は生ビールだったのですが、やはり旨い魚が出てきたらこれは日本酒でしょう。
 ということで日本酒にチェンジ。

 鉄火巻きはCさんの注文でハマチで巻いてもらいました。
 Cさんはハマチが好きなのだそうです。ほーほー、私も好きよー。チュ
 
 そして帰宅したのは…、何時でしょう。
 気がつくと帰ってきたときのまんまの格好で寝床にひっくり返っていました。
 背中に大きなエルモ2匹がはさまっていたので、寝苦しかったです。

Translate »