Daily Archives: 2009年12月19日(土)

海の幸(門前仲町)(寿司居酒屋)

091219_1.jpg091219_2.jpg

 午後から神田のカラオケルームへ。
 ブラジル音楽サークルの新年会で発表する歌の練習なのです。

 まずは「屋台盛り」という、焼きそば、たこ焼き、唐揚げ、枝豆などがてんこ盛りになったプレートを注文。
 そして生ビールです。乾杯

 ビールとてんこ盛りで人心地着くと練習スタート!
 私の担当は「Pedacao de ilusao」という歌。もちろん全部ポルトガル語です!

「アーイデシャモケサメー ネンアンアーヌセウ アジミヴェンソヒー」

 みんなの演奏(ギター、カヴァキーニョ、タンタンなど)で歌うと気持ち良かったです。
 でも本番までに全部覚えられるか心配です。

 黒子に歌詞を持っていてもらおうという話から、昔の龍角散のコマーシャル(黒子が、セリフを小声で囁いて役者に伝えているうちに、コホンと咳が出て、そばにいた者に、「おい、龍角散」と言うと、役者が、「コホン、おい、りゅうかくさ〜ん」と大見得を切るもの)。の話をしたのですが、誰も知りませんでした。

 とほほ、みんな若いのね。

———————————————-
091219_3.jpg091219_4.jpg
091219_5.jpg091219_6.jpg

 練習が5時前に終わると、門前仲町に一人で移動。
 今夜は大好きな友達夫妻との飲み会なのです。

 お店は「海の幸」という鮮魚の美味しいお店。
 なんでも「大人の休日」?という雑誌で取り上げられていたのだそうで、友達夫妻のご指定なのです。

 予定の6時よりも30分ほど早く着いてしまったので、一人で「ばくだん」という料理と生ビールを注文。
 ばくだんは、納豆の上に、ウニ、いくら、小ネギ、たくあん、まぐろぶつ、生卵がのったもの。
 これをぐちゃぐちゃにかき混ぜて、乗りに巻いて頂きます。

 650円と安価なのですが、これがなかなか美味しかったです。ペロペロ
 ウニの味がよくきいていて、そこにいくらのプチプチ感が加わり、たくあんが旨みの隠し味になっていました。
 これでお酒飲んで、少しお寿司を頂くだけでも価値がありそうです。

 生ビールを半分飲んだところで友達夫妻とCさん到着。乾杯です!乾杯
 今日はご夫妻のご主人の快気祝い。

091219_7.jpg091219_8.jpg
091219_9.jpg091219_11.jpg

 4人とも相当の呑兵衛なので、どんどんお料理とお酒を注文。
 出てきたのは、

・焼き白子(旨み濃厚。ちょっと塩をつけて)
・まぐろの脳天刺身(珍しいですが、まあまあ普通の味でした)
・刺し盛り(どれも美味しかったですが、切り方が大きいのが賛否両論か)
・あんこう唐揚げ

091219_10.jpg091219_12.jpg
091219_13.jpg091219_14.jpg

・穴子刺身(珍しいです。歯ごたえがあるのですが、ちょっと固くて味は薄かったです。ポン酢がいいですね)
・穴子白焼き(やはりこちらの方が美味しかったです。これもレモンをしぼって、ちょっと塩をつけて)
・だし巻き
・ニンニクゴロン

 日本酒も、田酒など4合瓶を3本と焼酎(兼八)を注文。

091219_15.jpg091219_16.jpg

 そして9時を回ったころに、さらに次のお店へ。
 ここではぶりしゃぶなどを頂きました。

 お腹いっぱい、お酒でくらくらの状態で駅まで行きご夫妻と別れました。
 さらにCさんと二人で駅近くの小料理屋へ。
 カラオケやりながら焼酎飲んだのですが、もうクラクラ。
 写真もぐるぐるです。千鳥足
 
 お店の閉店の1時までいました。
 そこで小料理屋に明日の朝ご飯の納豆と豆腐を忘れてきたことに気がつきました。
 が〜ん。
 仕方がないのでコンビニでパンを買って帰宅。
 そのまま寝込んでしまいました。

Translate »