Daily Archives: 2009年12月21日(月)

脂身食べてワカホリナイト

091221.jpg しばしば沈没する月曜日ですが、何とか今日は元気に過ごせました。
 夜は一人で過ごしました。

・週末に飲み過ぎたので、酒なしで過ごしたい
・自分で料理したい
・副業を出来るだけ片付けたい
・ためしてガッテンとか観たい

 などが理由です。
 Cさんも私と一緒だと高いお店に入れないので、一人の時に近くの和食屋さんとかに行ってもらえたらと思っています。
 私も行きたいけど、経済力があまりに違うので仕方がないです。

 夕食はキャベツに生姜のみじん切りとニンニクののスライスを混ぜ込み、昨夜の豚の蒸し汁を加え、レンジで5分ほど加熱したものに、昨夜の残りの豚バラ肉の蒸し物を乗せて頂きました。
 ご飯はマイセンの美味しい玄米を圧力鍋で炊きました。
 いい感じに「おこげ」が出来ていて美味しかったです。
 中東ではおこげがご馳走なので、炊飯器は必ずおこげが出来るようになっていると聞いたことがあるのですが本当でしょうか。


———————————————-
 もう一つ、明日のお弁当用に作った炒め物(オリーブオイルでニンニクのみじん切りを熱し、ベーコン、タマネギ、白舞茸を炒めて塩こしょうし、マヨネーズを少し加えたもの)も頂きました。
 お酒もいいけど、ご飯もとても美味しいです。

 一人の夜は寂しいはずなのですが、パソコンに向かって仕事に熱中しているとそんなことは感じないで済みます。
 元々仕事も趣味もパソコンなので、とてもワーカホリックになりやすいのです。
 最近は平日の夜とか休日にもこうやって仕事をしていることが多く、気分転換がうまく出来ていません。

 いけないなーと思います。
 意識的にどこかに行ったりしなくてはと思っています。
 今はプールにまたとても行きたいです。
 でも久しぶりなので、一発で風邪ひきそう…。

◇中村ユキさんという漫画家がとても好きです。

 先日「わが家の母はビョーキです」という漫画を読んでとても感銘を受けました。

 子どもの頃から母親の統合失調症で大変な思いをしてきた彼女が、実体験をもとに、苦労も多いけど、母親と一緒に一生懸命愛に満ちた生活を送ってきたことが綴られています。
 ほとんど社会で知られていない統合失調症のことがわかりやすく書かれてあり、貴重な漫画だと思いました。
 そして彼女は今、とても優しい男性と結婚し、母と三人で暮らしているそうです。

 今まで一人で悩み悲しみ苦しみ続けてきた彼女。
 旦那さんが「これからは一緒にやってゆこう」と言ってくれるラストで、思わず涙が溢れてきてしまいました。

 彼女がウエブで公開してる漫画でもそんな旦那さんの素敵な一面が出ています。
 私が特に好きなのが「夫をエライと思う時」という回。
 彼女のご主人「タキさん」は、毎日ねぎらいの言葉を忘れずに言ってくれるのだそうです。

 感謝するということは、言われた人も嬉しいですが、言っている当人が実はとても幸せになれると思います。

「ありがとう。」
「あなたのおかげで、みんなのおかげで私は楽しく今日も暮らしています。」

 そんな言葉をこれからも大切にしたいです。

091221_2.jpg◇今年YouTubeで一番観られたのは、48才の風采の上がらないおばさんが歌のオーディション番組に出たときのもの。[こちら
 なんと8千万回以上世界中で観られました。

 イギリスのスコットランド中部のキリスト教のルルドの聖母教会でボランティアをしていて求職中。 学習障害があり、学校ではいじめを受けていたという彼女。

 壇上でエレイン・ペイジのようになりたいと語ったところ、審査員をはじめ、会場から失笑を浴びます。
 しかし彼女が歌い始めると、場内は一瞬にして静まりかえり、やがてそのすばらしい歌声に会場は驚愕し、興奮に包まれるのです。
 そして最後はスタンディングオベーションと鳴り止まぬ拍手。エルモ

 これが、今をときめく「スーザン・ボイルさん」です。
 先日J-waveでも特集をやっていました。

 下の、赤ちゃんたちも最高にクールでかっこいいです。

Translate »