Daily Archives: 2009年12月26日(土)

素数とすき焼き

091226_1.jpg091226_2.jpg

 日中はずっとパソコンにかじりついて副業のバイトをしていました。
 休みたいけど、この収入のおかげで、また外食も出来るようになったのです。
 ありがたいことです。

 そんな中で、久しぶりに興奮するテレビドキュメンタリーを観ました。
 「素数」の謎を研究する数学者たちの話です。

 素数とは、それ自身の数でしか割れない数字。
 
 2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97 101 103 … 20201 20219 20231 20233 20249 20261 20269 20287 20297 …

 と無限に続く素数。
 時に連続し、時にはずっと出現しないこともあります。
 この出現には法則性があるのか…。
 その法則性を予測したのが、数学界の最大の難問と言われている「リーマン予想」なのです。エルモ

———————————————-
 これを説くために、100年以上にわたって多くの研究者たちが苦しんで来ました。
 その中には、あの「ビューティフルマインド」という映画のモデルになった天才数学者ジョン・ナッシュも含まれています。

 しかし、全ての研究は挫折に終わり、世界の数学者は、もう素数には法則性など無いのではないかと諦めかけていました。

 しかし、最近になって、数学者と物理学者が雑談をしている最中に、「素数の出現の法則の式」と「原子核の法則の式」が同じであることがわかったのです。
 一体これは何なのだ!
 身震いするほどの感動が走りました。

 数学や物理学の研究の基本にあるのは「美意識」だと思います。
 この宇宙は、素粒子のミクロから大宇宙のマクロまで、一つの美しくエレガントな法則で動いている。

 こんな知的好奇心をいつまでも持っていたいと改めて思いました。
 最近アルコールで脳みそがだいぶ減ってしまったのですが、残った脳みそでこれからも、こういうこととたくさん触れてゆきたいです。

 というわけで、今夜はお酒は抜きにしました。

 夕食に頂いたのはすき焼き!
 Cさんの作り方は

091226_3.jpg091226_4.jpg

1)鍋を熱し、牛脂を溶かす
2)牛肉を焼き、みりん、酒、醤油、砂糖をからめる
3)このお肉を溶き卵で頂く(あっという間に美味しいすき焼きになりました)
4)ネギや白菜を入れて、さらに牛肉を焼く
5)ダシ(かつお、昆布)、みりん、酒、醤油、砂糖を流し込み、そこに野菜(椎茸、エノキ、ネギなど)、豆腐、葛切り、肉(牛でも豚でも)を入れてグツグツ煮る。
6)締めはうどんなどで

 という感じです。
 関東風か関西風かわかりませんが。

 お肉も美味しいのですが、その旨みをたっぷり吸った野菜が美味しかったです。ペロペロ

Translate »