Daily Archives: 2010年10月10日(日)

Cさんと居酒屋、ゲーセンで大当たり、さらにカラオケへ

101010_1.jpg101010_2.jpg
101010_3.jpg101010_4.jpg

鼻血を抑えながら8時過ぎに地元の駅に着くと、出口にCさんが待っていてくれました。
来てくれてありがとー。

もう遅いので、近くの居酒屋へ。
写真左上はレバーフライです。
もーー、Cさん、高カロリー高脂肪高プリン体だからこういうの注文するのやめましょうよー。でも美味しいけど。
左下は揚げ出し豆腐なのですが、海老やニンニクの芽が入っているのがよかったです。
メンチカツはジューシーでした。

ゲーセンで大当たり

101010_5.jpg101010_6.jpg

居酒屋の次はゲーセンへ。
UFOキャッチャーで犬の縫いぐるみの山に混じっていたひよこ?がすごく可愛かったのでCさんにとってもらいました。
ちょっとぶさいくなところが可愛いです。

やったゲームはいつものコイン落とし。
コロコロっとコインを投入して、コインを押し出して行くのですが、たまにボーナスがあり、今夜はそこで大当たりしました。

「ジャラジャラジャラジャラ、ザクザクザクザクザクザク」

と延々5分間コインが出続けました。
下の動画の2分半〜3分半あたりが一番ザクザク感があります。

カラオケでCさんメドレーのメドレー

101010_7.jpg101010_8.jpg

中年カップルの夜遊びはまだ続きます。
さらにゲーセンの階上にあるカラオケへ。
こともあろうかCさんはそこで「飲み放題コース」を選択。

Cさんは今夜は「キャンディーズ」「ピンクレディー」といった女性アイドルのメドレーを完璧に歌いこなしてくれました。
実は踊りも出来るんじゃないのかなー。
いつも「男はよーー」みたいな歌が多いので面白かったです。

帰宅したのはもう何時やら。
汝飲み過ぎるかなれ。

感動の太鼓ライブ

夕方5時半に谷中の劇場ホールに関口範章さんというプロの太鼓プレイヤーのライブに行ってきました。
会社の元後輩に誘われたのですが、私自身ラテン太鼓は好きですが、和太鼓(他に韓国太鼓)は初めて。
どんなものかとあまり期待しないで言ったのですが、これが実に良かったです。

和太鼓は太鼓の皮の部分とリムの部分を絶妙に使い分け
「ドンドンカンカラドンカラドンカラドンドンカンカラドンカラドンカラ」
と超絶なリズムを聴かせてくれました。

白の半纏にふんどしかっこいい!

さらに、和太鼓を二台で叩くときには、上龍さんという実にいなせな男性が出てきてもう最高でした。
角刈りにねじりはちまき、白の半纏にふんどし。
もー、最前列で興奮して一万円札をねじ込みにステージに駆け上がろうかと思いました。

こんないなせ衆ばかりが太鼓を叩く鼓童というグループもあるのだそうです。
新しい世界を知ってしまったわ。

修繕委員会、4千万円くらいいいじゃない?

マンション大規模修繕委員会

今日は10時過ぎからマンションの大規模修繕委員会。
昨夜は居酒屋で1時過ぎまで盛り上がり、寝たのは一体何時やら。汝何分?

といわけで、10時にCさんに起こされたときはまだ酒が残り、二日酔いの状態でした。
うーん、ちょっと自己嫌悪。

ともかく大急ぎで大規模修繕委員会へ。

うちのマンションは大規模修繕をひかえ、直系の管理会社から1億1千万円の見積もりをもらっています。
しかし、我々素人が見積もりを見ても、金額の妥当性が全くわかりません。
ほぼ完全に向こうの言いなりというのが実情です。

4千万円も安いとこがあるんですけど

そこで、私はネットで調べた評判の良い会社に見積もりをとったところ、なんと4千万円も安い7千万円で出来るという回答をもらうことが出来ました。

今日はこれをみんなに提案してみたのですが、思いがけず皆の態度は否定的なものがほとんどでした。

「管理会社さんにはこれからもお世話になるし」
「その会社が信用出来るかどうかわからないし」

人の金銭感覚って

確かに知らないところに頼む不安はわかるのですが、4千万円です。4千円じゃありません。
冷静に考えればものすごい金額です。

一方では、とっても便利になるノンタッチキーシステム(400万円ほど)は「高い」ということで簡単に却下されてしまいました。
4千万円浮けば400万円なんていくらでも出来るのに…。

それに、今回1億1千万円使ってしまうと、次の大規模修繕の時にはお金が足りなくなることもわかっています。

そうわかっていながらも、なぜか

「4千万円くらいいいじゃない」

というムードになってしまうのでした。

100円単位で節約している人が、携帯電話では何万円も使ったり、飲み会では簡単に6000円も7000円も払ったり、お金の感覚はとても相対的だと言うこと、そして人を動かすのは難しいことを痛感しました。

でも私はまだあきらめません。
ここで出た皆の不安を7千万円の会社に問い合わせ、少しでも皆に納得してもらえればと思っています。

Translate »