Daily Archives: 2010年10月11日(月)

イタリアンお料理教室、太鼓の皮、駅中パブ、さくら水産

101011_1.jpg101011_2.jpg

 今日はイタリアンお料理教室。
 三連休の二日を飛ばし続けてきたので、ちょっと疲れが出ています。

 今日作ったのは

1)白インゲン豆のサラダ
2)ソーセージとキャベツのクリームソース・ペンね

 ペンねは短いパスタ。私の頭はヘンね。

101011_3.jpg101011_4.jpg

3)鱈とシラスのフリット
4)栗のケーキ

 すみません、ちょっと余裕が出来たらレシピ書きます。

太鼓の皮とイングリッシュパブ

101011_5.jpg101011_6.jpg

 帰りがけに池袋のラテン楽器の殿堂「マルメラアダ」に行き、8インチの皮ヘッドを購入。
 これを既に持っている金属製の胴体につけて「ヘボロ」という楽器を作りました(写真はその完成後)。

 さらに池袋のデパ地下を徘徊。
 ちょっと疲れたから休みたいというCさんの要望で駅中にあったイングリッシュパブへ。
 エールビールが美味しかったです。

地元のさくら水産で中国人の働きぶりに感心しました

101011_7.jpg101011_8.jpg
101011_9.jpg101011_10.jpg

 そしてやっとこさ夜の7時頃に地元の駅に着陸。
 長い三連休でした。

 2人とも夕食を作る気力もなく、私はこの三連休でお金もすってんてんになり、私のお願いで「安さならここ!」の「さくら水産」に入りました。

 頂いたのは

・鯨ベーコン
・魚肉ソーセージ(50円)
・メンチカツ、海老のフリット、ピザ(Cさん注文脂っこトリオ)

 などなど。
 価格のわりには美味しいと2人とも納得しました。ペロペロ

 しかし、それ以上に私が感心したのは中国人従業員の働きぶりでした。

 50人以上入るホールで働いていたのは若い中国人3人のみ。
 その3人がものすごくよく働くのです。エルモ

 給仕をしてくれた女性はとてもかわいらしく、いつも笑顔をたやしませんでした。
 洗い場の男性も、一瞬も休むことなく必死に仕事をしていました。

 ここ数年で中国の経済は飛躍的に伸び、今や世界トップの経済大国になろうとしています。
 しかし、そんな状況でもまだ日本に出稼ぎに来た方がいいのでしょう。

 日本では、安くてきつい仕事は日本人はやりたがらず、こうやって中国やアジアの人達がやってくれています。
 3人の働きぶりを見て、頭が下がる思いがしました。

 日本人の若者の就職難の原因の一つに、外国の若者の方が覇気があり、よく勉強しているため、日本企業の採用担当者が日本人ではなく外国人を採用する傾向があげられていました。

 ばりばり頑張ることがいいかどうかは別として、3人の働きぶりを見て、そんなことを思いました。

 さくら水産気に入りました。
 また行きましょう、Cさん。

Translate »