Daily Archives: 2013年7月19日(金)

北海道旅行一日目(函館山夜景)

130719_15.jpg130719_16.jpg

そして、今夜のお宿「啄木亭」にチェックイン。
この時ポケットエルモがつぶやいた
「さよならー」
が何を意味してるのでしょうか後でわかることになります。

「啄木亭」は大規模の温泉ホテルです。
この手のホテルはあまり期待していなかったのですが、予想に反してなかなか良かったです。
設備自体は新しくはないのですが、掃除や備品などの気配りが行き届き、何よりスタッフの対応がとても良かった。

食堂に行くと、入り口付近の屋台仕立てのカウンターから
「いらっしゃいませ!ようこそお越し下さいました!」
という声が届きました。エルモ


130719_17.jpg130719_18.jpg

夕食はバイキングなのですが、品数も多く、そのお料理を少しずつ乗せられるトレイがまた良かったです。食事

130719_19.jpg130719_21.jpg

お寿司もお味はそれなりなのですが、美味しく頂きました。

さらにここには「飲み放題」もありました。エルモ泣き
60分2,100円とちょっとお高いのですが、ホテルなので納得でしょう。

100万ドルの夜景

130719_24.jpg

夕食後はホテル発の「函館山夜景見学ツアー」に参加しました。

バスツアーで、胸にツアーのシールを貼り、ガイドさんの旗の後ろをぞろぞろ歩くという、私が今まで体験したことのないコテコテの団体ツアーだったのですが、これが予想外に楽しかったです。
ガイドさんも可愛くて頼もしく、トークも楽しかったです。踊り

そして夜景が期待以上の素晴らしさでした。
こりゃもう、絶対に二人でデッキの手すりに寄りかかって、かたつむりが背のびをしたように延びて、海を抱え込んでいる函館の街を見ないといけませんね。

130719_22.jpg函館山の山頂までは往路はバスで、復路は100人も乗れるという大きなロープウエイを使いました。

麓で待っていたバスに乗り込み一路宿へ。
宿に着くと、近くの酒屋の自販機でお酒を買い込み、いそいそと部屋にこもる2人なのでした。

北海道旅行一日目(JALラウンジ、函館イカ、赤レンガ倉庫群)

130719_1.jpg130719_2.jpg

今日から4日間で北海道に行ってきます。エルモバンザイ
主な目的は
1) Cさんの「中央競馬場コンプリート」目的で行く「函館競馬場」
2) Cさんの室蘭への里帰りのお付き合い
などです。

北海道までの飛行機はCさんのJALのマイルを使って「おともでマイル」で行ったため無料です。お願い!

最初の目的地の函館に出来るだけ早く着きたいので、朝は5時起き。ひぇ
こんな牛も眠るような早朝に誰もいないだろうと思ったのですが、出勤、ジョギング、犬の散歩などたくさんの人がいて驚きました。

羽田空港には6時45分に到着。
チェックインを済ませ、JALのラウンジに向かいます。
以前Cさんは東京と北海道を頻繁に行き来するJALの「ヘビーユーザー」だったので、ここを多用していたそうです。
今はあまり使わないのでコスト的には苦しいのですが、私はここに行くのがいつもとても楽しみです。

何といってもお酒が飲み放題。エルモ
今日もまずは生ビールとハイボールで乾杯!
まだ普段なら眠っている時間ですよ。
そしてコンビニなどで買ってきたお料理で朝食です。

火を噴く列車で函館へ(火は噴きませんでした)

130719_3.jpg130719_23.jpg

飛行機で新千歳空港に着いた後は、火を噴く特急「スーパー北斗」で函館に向かいました。
途中、左側に海がずっと見えていてとてもきれいでした。
車中で飲んだのは「北海道生搾り」など。嬉しい〜
うーん、旅情あふれる光景ですね。

3時間弱乗って2時前に函館駅に到着。
ついに来ました!
思わず口ずさむのはあの歌ですね♪

函館と言えばイカ

130718_0.jpg130719_9.jpg

函館では有名な朝市に行きたかったのですが、既に時間が遅かったので少しのお店が開いているだけでした。

130719_5.jpg130719_6.jpg

その中で「茶夢」というお店に入ってみることに。
テーブルに座り、まず出てきた「お通し」に驚きました。
塩辛、煮付けなど、イカを使った「酒の肴」6品。エルモ泣き
もーこれだけで満足かも。
日本酒ください。

130719_7.jpg

そしてやはり函館と言えばイカです。
透き通った歯ごたえのいい真イカを生姜醤油で頂きました。

130719_13.jpg130719_01.jpg

函館には市電が走っていて、一日乗車券600円を買うととても便利です。
その市電に乗って次に向かったのは、函館観光のメッカ「赤レンガ倉庫群」。
その時、Cさんのカバン(通称「首振りバッグ」)のポケットから顔を覗かせていたのは「ポケットエルモ」。
これがこの後大変なことになってしまうのです。

130719_12.jpg130719_10.jpg

赤レンガ倉庫群はとてもきれいでした。
横浜、神戸など、港町には必ずある光景ですね。
ここでは「湾内クルーズ」というちょっとした遊覧船にも乗ってみました。
こりゃー気持ちいいです。ハート

130719_11.jpg130719_14.jpg

右は消火栓です。
函館ではどこも黄色い消火栓でそれが街の風景にマッチしていました。

Translate »