[ Mac ]環境設定をDropboxで共有して、複数のパソコンで同じ環境を実現しましょう

same.gif

「シンボリ」と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。

  • Cさん → シンボリルドルフ
  • モカ → シンボリックリンク

そう!この「シンボリックリンク」こそ、私の「在宅ワーク」を支えている必須の技術なのです。エルモ泣き

ちょっと難しいですが、もし複数のMacを使っている人がいたら是非読んでみてくださいね。

会社で一日の仕事を終え、自宅に帰ってパソコンを開いたら、同じ画面が出る。
ノートパソコンを旅先に持ち出し、画面を開いたら同じ画面が出る。

いいと思いませんか!
いやですよね。ひぇ

でも、これがあるから私は自宅でもブラジルでも同じように仕事が出来ているのです。

やりかたは簡単です

すみません、ここからはMacのお話しです。
Windowsでも同じように出来ると思います。

ソフトにはそれぞれ「環境設定ファイル」というものがあります。
このファイルにいろいろな記録や環境が書き込まれているんですね。

そう、これを共有しちゃえばいいんです

共有はDropboxなどのクラウドをおすすめします。

例えば、Macの定番ソフトの「スティッキーズ」というのがあります。
メモ帳ですね。

これを複数のMacで共有しちゃいましょう。

ユーザー/ライブラリ/StickiesDatabase

というファイル。
こいつです!
ここに、スティッキーズに書き込んだ情報が保存されているのです。

ライブラリが表示されなければ

え、「ライブラリ」が表示されない?
そうなんです、Macは10.7あたりからそうなったんです。

でも大丈夫。
Finderメニューの「移動」を「option」を押しながらクリックすれば出てきます。

symbolic_lib.jpg

ターミナルを使える人は

chflags nohidden ~/Library

と入れてあげれば、その後ずっと表示されるようになりますよ。

まずは環境設定ファイルをDropboxに移動

symbolic_1.jpg

まずはこの環境設定ファイル(SrickiesDatabae)をDropboxの任意のフォルダーに移動します。

ポイッ!エルモ泣き

ここからが楽しいところです。

設定ファイルがいなくなったスティッキーズはあわてています。
そこで、もともと設定ファイルがあった場所に、Dropboxに移動したファイルの「影武者」を入れてあげるのです。

単に「エイリアス」(ショートカット)を入れてあげればいい場合もありますが、うまくいかない場合が少なくありません。

そんな時に登場するのが先に書いた「ションボリ…」じゃなくて「シンボリックリンク」なのです。ハート

シンボリックリンクを作るソフト

symbolic_maker.jpg

まずは「SymbolicLinker」というアプリをダウンロードします。

(参照元:SymbolicLinker別ウインドー

これを解凍して「SymbolicLinker.service」のアイコンをダブルクリックします。
何も起きませんが大丈夫。

シンボリックリンク作るよー

symbolic_2.jpg

Dropboxにコピーした「SrickiesDatabae」を右クリックすると、「Make SymbolicLink」または「シンボリックリンクを作る」というメニューが出てくるので、それをクリック!

symbolic_3.jpg

それを指定すると、同じ場所に「SrickiesDatabae.symlink」というファイルが出来ました。

こいつです!

これを本来環境設定ファイルがあった場所(ユーザー/ライブラリ/)に戻してあげましょう。

いよいよ完成

symbolic_4.jpg

この「SrickiesDatabae.symlink」の「.symlink」を削除して元の名前にしてあげれば完成!!

これで環境設定ファイルの実体はDropboxにあり、その影武者が手元のパソコンにあるという状態が出来ました。

この影武者(シンボリックリンク)を手持ちのパソコンに入れてあげれば、どのパソコンでも同じ環境になるのです。

いろいろなソフトで出来ます

今はスティッキーズを例にしましたが、他にもいろいろなソフトで出来ます。
私が一番重宝しているのは、ブラウザの「Google Chrome」です。

この環境設定

User/ライブラリ/Application Support/Google/Chrome

を共有すれば、履歴、プラグインなど、全部が同期されます。

他にも

  • Snippets:User/ライブラリ/Application Support/Snippets
  • ClipMenu:User/ライブラリ/Application Support/ClipMenu
  • Safari:User/ライブラリ/Safari
  • MAMPのデータベース:/Applications/MAMP/db/mysql

など、いろいろなソフトで環境を同期出来ます。

ちなみにエクセルで自分が作ったマクロが記録されている「個人用マクロブック」は

User/ライブラリ/Application Support/Microsoft/Office/Excel/個人用マクロブック

に入っています。
これはシンボリックリンクを作らずにエイリアスで大丈夫でした。

環境設定ファイルがわからなければ

symbolic_5.jpg

環境設定ファイルがわからない場合は、「AppCleaner」を使う手もあります。

このソフトを開き、アプリのファイルをドロップします。

symbolic_6.jpg

すると、関連ファイルやフォルダーが出てきます。
ここで表示された中から環境設定ファイルの場所がわかります。踊り

ただ、多くの場合は

  • User/ライブラリ/Application Support/
  • /Applications/そのソフトのフォルダー/
  • User/ライブラリ/

あたりにあるようですね。

どうでしょう。
環境設定ファイルをクラウドに入れて、複数のパソコンで同じ環境。
もしよかったら試してみてください。

ものすごく快適です。エルモバンザイ

注意点

ただ、絶対に気をつけてもらいたいことが一つあります。

パソコンを立ち上げた後、Dropboxの同期が終わるまで、対象のソフトは立ち上げないでください。

手元のパソコンのファイルがDropboxと同期されないで立ち上げると、齟齬(そご)が発生してしまいます。
起動時に自動的に立ち上がってしまうソフトも、同期されないうちに立ち上がってしまうので対象から外した方がいいでしょう。

ちょっと難しかったかもしれませんが、これはほんとに便利なので一人でも多くの人の役に立てればうれしいです。

長文を読んで頂きほんとにありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    
Translate »