「ピーマンおかか炒め」が美味しかった

ピーマンおかかアスパラ、ブロッコリ、キャペリン

毎日お昼の12時にTwitterで時報のようにランチツイートをしています。
今日はTwitter友達のsaorinさんがお昼の献立を教えてくれました。
その中の「ピーマンのおかか炒め」(胡椒と醤油とおかかを適当に)が食べたくなり、今夜はそれに決定!

ピーマンは縦に細切りにし、ごま油で炒め、しんなりしたら「かつお節、醤油、砂糖(ラカントS)」を加えてもう少し炒め、お皿に盛って白ごまと追いかつお節を乗せました。

簡単ですが、全然苦みがなくピーマンの旨みと歯ごたえを満喫できるお総菜になっていました。
これはいい!

ピーマンとは
ピメント(フランス語の「piment」あるいはスペイン語の「pimiento」)から来た言葉らしいです。
英語では「green pepper」。
シシトウも「green pepper」です。

これから愛用したいと思います。
saorinさんありがとうございます。

あとは馴染みのメンバーで

他には、いつものカツオの刺し身、モカモカ和え物。
今日は蒸し暑かったので、こんな日はカツオの刺し身が身に染みます。

そしてキャペリン、冷や奴、アスパラガス、ブロッコリー。

これから一人になったらこんな魚と野菜中心の食事になる気がします。
年寄りくさい〜。
でもこれに焼酎が私は大好きなのです。

さあ22時。
Cさんがもうすぐ帰ってきます。
楽しくて飲みすぎないように。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »