ガッテン式チキンソテーレモン添え、オクラの豚バラ肉巻きが美味しい

さんま塩焼き

昨夜は飲み会から帰ってきたのがすでに0時近く。
その後さらにハイボール飲みながら映画を観て、寝たのは何時だかわかりません。
そして今日起きたらすでに午後の1時半になっていました。
がーん。
ブラジル音楽の練習に久しぶりに行こうと思っていたのですがすでに時遅し。

雑誌などを読んでいると、すぐに夕方になってしまいました。
日曜日の200円割引券を握りしめて近所のスーパーへ。ウォーキング

立派なさんまがなんと108円(税込み)でした。
ありがたやありがたや。

脂乗ってます

サンマ塩焼き箸入れ

さんまは相変わらず脂が乗って美味しかったです。
特にお腹周りがいいですね。
自分のお腹の中もこんな感じなのかな…。汗4

チキンソテーレモン

鶏もも肉は100グラム96円でした。
これをいつもの「がってん」方式で焼きます。

もも肉はハサミでチョキチョキと筋を切り、皮目にも切れ目をいれてあげます。
包丁よりずっと楽ですよ。
ハーブソルトを振りかけ、オリーブオイルをしいた冷たいフライパンに乗せ、ニンニクの薄切りをふります。
超弱火で蓋をせず、両面を10分弱ずつ焼いて出来上がり。
今日はレモンスライスを挟み込みました。

うーん、素敵だわ。ハート
レモンの酸っぱさとよく合うのです。

おすすめひよこ豆のサラダ

リラックマの中はひよこ豆のサラダ。
簡単で美味しいですよ。

まずはアラミ人にしたタマネギに塩をふってモミモミします。

アラミ人とは?
中世ヨーロッパでイタリア半島の南部にあったアラミ国の人達。
みじん切りがうまく出来ず、どうしても粗みじんになってしまったと伝えられている。うそ。

少ししてタマネギに水を加えてしぼり、ひよこ豆、ツナ缶、オリーブオイル、塩こしょうと一緒に混ぜるだけ。
オリーブオイルはたっぷり入れましょう

これだけでワイン1本飲めます。

フエ炒めにオクラの豚バラ肉巻き

軟骨炒め、オクラ豚バラ肉巻き

今日は買い物時にお腹が空いていたので、いろいろ食材を買ってしまいました、

「フエ」はモヤシ、ニンニクの芽と一緒に炒め、塩こしょうで味付けしました。
「フエ」はホルモンの世界では「ナンコツ」などとも呼ばれていますが、実際は大動脈のことです。

コリコリと実に心地よい歯ごたえがあって私は大好きなのです。

上は「オクラの豚バラ肉巻き」。
昨夜の飲み会で出てきて美味しかったので作ってみました。

作り方はとっても簡単。
オクラを塩でゴリゴリします。
洗ってから水気を拭き取り、豚バラ肉を巻き付けます。
油を熱したフライパンに巻き終わり箇所を下になるように入れて焼きます。

半分は塩こしょう、もう半分は醤油+酒+ラカントで照り焼きっぽくしてみました。

オクラ豚バラ肉巻きアップ

豚肉の旨みとオクラのサクサクとした食感が合わさってとても美味しかったです。
照り焼き風の方が味がしっかりしていて美味しかったかな。
これは簡単でおすすめです。

赤ワインはフロンテラ カルメネール/コンチャイトロというチリワイン(カクヤスで605円)(別ウインドー)を飲んだのですが、1本飲んだらけっこう酔っぱらってしまいました。ぐったり
(その前に焼酎も飲んでいたし)

ほとんど飲み食いで終わってしまった日曜日でした。
ごちそうさま。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »