今週もチカ釣り → 大チカも含めて大漁でした

いざ港へ気持ちいい!

真っ青に晴れ渡った日曜日。
先週に引き続き、今日も昼過ぎから室蘭港でチカ釣りをしてきました。

釣り現場までは歩いて30分くらい。
チカチカゴーゴーゴー!
そう、お酒を飲みたいなら車は使えないのです。
今日はエルモも連れて行きましたよエルモ目

港到着

港で釣り

港に着くと、すでにスナック仲間3人が釣りを始めていました。
今日もまたよろしく!

釣り針釣るよん

マスターに先週たくさん釣れたのと同じ釣り竿を狩り、釣り針8個にエサのオキアミを「スピードバケツ」でつけてゆきます。
釣り針にしっかりエサを付け、水に入れるときに落とさないようにするとよく釣れる気がします。

さあ、今日もたくさん釣りますよ!

じゃんじゃん釣れだしました

141012_6

最初はイマイチだったのですが、しばらくするとどんどん釣れだしました。
釣れるときはまさに入れ食い状態。
2〜3匹が一気に釣れるときもありました。

しかし今日は釣れてもあまりうれしくないカタクチイワシもけっこう釣れました。
チカがダブルやトリプルでかかるとうれしいのですが、イワシだと「はずれ」です。
(写真はイワシですね)

大チカ

前回全く釣れなかった大きなチカもけっこう釣れました。
私も3匹くらい釣りましたが、これがかかったときの手応えはとても大きく、思わず興奮しました。
こりゃ楽しい!

いよいよお金に困ったらCさんと二人で毎日釣りですか。
釣れなかった日のお夕食はオキアミだけエルモ大泣き

スナックに移動

釣れたチカとイワシ大チカ10匹

夕方まで釣りを楽しみ、皆でスナックに移動します。
釣った魚をボウルにあけてみると、チカは約100匹、イワシもかなりいました。

大チカも10匹。
なんとこれは刺し身にするそうです。
こんな小さいの捌けるのかな??

野菜天ぷらチカ天ぷら

麻雀が始まる中、マスターの奥さんと二人で厨房に入り、料理を始めます。
私は天ぷら揚げを担当しました。

奥さんが

奥「油がこたらないのから始めてね」
モ「はい………………ところで『こたる』って何ですか?」

「こたる」とは「(使い古して)がたがくる」という意味だそうです。

九州で「ごたる」は
ちなみに九州では「ごたる」という言い回しがありますが。

「顔ばパンパンに腫れて風船のごたる」(風船のようだ)
「冷えよるけ、今晩あたり雪の舞うごたる」(雪が降るみたいだ)

という使い方をします。

というわけでまずはピーマン、茄子、舞茸を揚げます。
さらに油がこたりやすいイカ、チカ。

実は私は天ぷらを揚げたことがほとんどなく、今回こんなに揚げるのは初めてでした。
恐る恐る自分が揚げたのを食べてみると…、うんなかなか美味しい!
奥さんが天ぷら粉を少し多めの水でよく溶いてくれたのがよかったのだと思います。

チカの刺し身旨い!

大チカ刺し身

大チカは奥さんが見事な刺し身にしてくれました。

実は捌いているあいだ私は横にいたのですが、チカは実にいい香りがするのです。
どこかでかいだ匂いなのですが、はっきり思い出せません。
たぶん天然物のアユなのではないかと思います。

刺し身は絶品でした。
ほどよい歯ごたえ、甘み、香り…。
他の人達の一様に感嘆の声をあげていました。

そしてあずましタイム

麻雀にパソコンありがとー
カウンターの中麻雀エルモ

料理も一段落し、私は愛機MacBookAirを広げてブログを書いたりネットをしたり。
いつものリラックスタイムですね。

今日は来ていなかったのですが、時々アルバイトでカウンターの中にいる若い女性のMちゃんから私たちにお煎餅のお土産が届いていました。
そこにはCさんと私の名前とイラストが描かれていました。
とてもうれしかったです。

こうやって少しずつ室蘭の人と土地に馴染んでゆけたらうれしいです。

お読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »