ボトルが切れる前に、久しぶりの一人和民

炙りタコ

祝日の今日も自宅軟禁虫の一日でした。
あぁ、白馬に股がたった王子様!!私をここから連れ出して!
などと思っても誰も助けには来てくれません。

夜は和民の焼酎ボトルの期限が明日に迫ったので、ボトルの救出に行ってきました。
ヒマなので開店の17時に入店。

「お通し無し、水割りボトルは『大』、塩控えめ、出来れば化学調味料も控えめ」

と前置きしてから注文したのは、まずは「ねぎ塩タコの瞬間焼き」(637円)。

鉄板の出っ張った部分が熱くなっているので、そこに「ジュ」とタコを焼いて頂くわけです。
ペッパーランチでもこんなのがあった気がします。
なかなか悪くない趣向です。
タコも悪くなかったですが…、ちょっと高いかな。

鰺フライサムギョプサル

「鰺フライ」(356円)は以前来たときより大きくなっていました。

モ「大きくなりましたね」
店「はい、大きくなりました」

サクッと揚がって美味しかったです。

「アンチョビキャベツ」(421円)はキャベツがちょっとゴソゴソしてアンチョビの香りもあまりしませんでした。
塚田農場のが美味しいですね。

しかし、食べた後にやはり妙な味が口の中に残るのが気になりました。

「サムギョプサル」(961円)は豚肉が美味しかったです。
野菜との相性も良いのですが、ニンニクやキムチがあればもっと本格的でいいかなと思いました。

誰も居ない店内

お料理を頂きながら、iPad miniで漫画「スプライト」をずっと読んでいました。

やがて時間は19時に。
私の周りにはお客さんはぜんぜんいませんでした。
静かでよかったのですが、株主としては気になるところです(偉そうですみません)。

シシャモという名のキャペリンパソコン大好き

開始時に四合瓶で半分強残っていた焼酎がまだ少し残っていたので「ししゃも」(421円)を追加。
漫画を読み切ったので、今度はパソコンを広げます。

結局20時半ころまでいたのでしょうか。
ボトルもなくなったのでお会計をしたところ3,240円。
株主優待券1,000円を使って2,240円でした。

うーん、もうちょっと安いとうれしいのですが…。
来月にはまた株主優待券が6,000円分来てしまいます。

(関連記事:ワタミ 店舗閉鎖 今年度中に102店舗 NHKニュース(141112))(別ウインドー)

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »