鳥辰本店(室蘭やきとり)で初物のおでんと湯豆腐、そしてやはり北京亭へ

鳥辰本店(室蘭やきとり)

やっとこさやってまいりました金曜日エルモ泣き

金曜の夜は「お疲れ様デー」ということで外食にしています。
向かったのは、室蘭にいる間に絶対一度は行きたい室蘭やきとりのお店「鳥辰本店」です。

今日はずっと外は3℃でした。
しかも風が強いのでめちゃくちゃ寒いです。
それでも確かに天気予報をみると室蘭は北海道の中ではトップクラスに温かいようです汗4

ほかほかおでん

おでん

お店に入り、大将がやきとりを焼いている真ん前のカウンターに座ります。
店内の暖かさにまずはほっとひと息。

まず頂いたのは先日始まったばかりのメニュー「おでん」。
だしがしっかりと浸みたおでんをほおばり、そこに焼酎のお湯割りを流し込みます。

かーーーっ、美味しい!

これがあるから生きてゆけます。

室蘭やきとり

やきとりを焼く大将室蘭やきとり

お次はもちろん定番の室蘭やきとり。

豚肩ロース肉、タマネギを甘いタレで焼き上げ、カラシをつけていただきます。
豚肉の焼け具合とタマネギの歯ごたえと甘辛さが絶妙です。

目の前で軽快にやきとりを焼く大将との会話も楽しいです。
私はここのやきとりには絶対に「ホッピー」が合うと思うのですが、大将はホッピーはほとんど飲んだことが無いとのこと。
ホッピーは北海道のスーパーでも売っているのですが、やはり本来関東のローカル飲み物なのですね。

大将!ホッピー入れてーー。

しっとりジューシー鶏から揚げ

鶏半身揚げ

次は鶏の半身を低温の油でじっくりと揚げた唐揚げ。
表面はパリパリで中はしっとりジューシー。
焼酎が進みます。

湯豆腐

そして、これも冬季限定の湯豆腐。
タレにはおろし生姜がたっぷり入っていて美味しかったです。

他にもレバーなどを頂き、焼酎のボトルを入れて二人でお会計は5,770円でした。
大満足!
ありがとうございます。

スナックに行き、さらに飛んで火に入る冬の虫になる二人

北京亭チャーメン

お店を出て、いつものスナックへ。
0時近くまでいたのですが、今夜は客は私たち二人だけでした。

スナックを出ると、また暗闇にぽつんと灯るは「北京亭」の明かり。
いけない、いけないと思いながらも、ロウソクの炎に吸い込まれる虫のようにのれんをくぐる二人なのでした。

頂いたのは大好きなチャーメン。
具がたっぷりと入っていてこれが旨いのです。
ああ炭水化物炭水化物。

いつもの、お決まりの、でも幸せな酔っ払いの夜でした。
うーー、しかし寒い。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 室蘭情報へ

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “鳥辰本店(室蘭やきとり)で初物のおでんと湯豆腐、そしてやはり北京亭へ

  1. まる
    #

    やっぱり北海道は美味しそうですねーいいなー

    Reply
    1. mocamoca
      #

      まるちゃん、コメントありがとうございます。
      室蘭やきとり美味しいです(^_^)

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »