室蘭から東京に移動。白老牛ハンバーガーを快楽のエアバスA330で頂きました

Cさんが作ってくれたハンバーガー

いよいよ室蘭から東京への移動日になってしまいました。
とほほ悲しいですエルモ大泣き

しかし道中の楽しみもあります。
それは「お食事」と「飛行機」。

室蘭駅8時41分発のL特急すずらん号にまたがり、すぐにお弁当を広げます。
昨夜Cさんが酔っぱらって作ってくれた「白老牛ハンバーグ」と私が作った「野菜サラダ」。
飲み物は自宅の水出し麦茶をペットボトルにつめてきました。

キャー節約だわ。
でも味は一流。
なんつーてもいわさき白老牛のハンバーグ、フレッシュトマト、キュウリ、レタス、目玉焼き、チーズが挟まっているのです。

うほうほ食べているうちに、やがて列車は母恋、御崎、輪西を経て東室蘭に停車。
さらに登別、白老方向に向かい、室蘭からどんどん遠ざかってゆくのでした。
さよなら室蘭、またすぐに来るよ!

新車A330号

A330乗った!

つぎの楽しみは初めて乗るA330という飛行機です。

機内に乗り込むと、あの緑色のシートが視界に入ってきました。

キャオーン、すごい!

これで運賃は片道8,500円(税込み)です。
安い!旨い!

快適なシート

まるでビジネスクラス足元広々〜

シートは従来より前後が18センチ、幅も5センチ広がり、まるでビジネスクラスのようでした。
座り心地もすっぽりと包まれるようでとても快適。
足元にはフットレストまであります。

電源も各座席に

もちろん電源もにくい演出

肘掛けの下には全席にコンセントも設置されていました。
あーー、これで1時間ちょっとしか乗らないのはもったいない!
運ちゃんにお願いしてもっと遠くまで飛んでもらえないかしら(それはハイジャックですか)。

肘掛けの先端部分からは何か小さなプレートが出てきました。
これは何でしょう?

写真には撮らなかったのですが、FAは例のミニスカ制服でしたょ。

機内Wi-Fi繋がらず

機内Wi-Fi

しかし一つ残念なことがありました。
一番楽しみにしていた機内Wi-Fiが使えなかったのです。

接続しそうなところまで行ったのですが、だめでした。
なんでも羽田〜新千歳便はまだ全部のA330には備わっていないとのこと。

でも年内には全便で使えるようになるため、1月のフライトの時は使えるはずです。
しかし、それまでスカイマーク自体がもつかどうか。

(JALとの)共同運航が始まるのは来年2月。「それまでスカイマークの手元資金は持つのか」と国内航空会社幹部は指摘する。

(参照元:スカイマーク、JAL提携の「画餅」:日経ビジネスオンライン)(別ウインドー)

※150225追記
実はこのA330がスカイマークの経営を悪化させたそうです。
(参照元:スカイマーク、再建計画のカギ握る“ミニスカ飛行機”:日経ビジネスオンライン)(別ウインドー)

そしてまたまたお弁当

そしてお昼ご飯

ともあれ、飛行機の中でもお弁当を広げます。

今度はハンバーグと私が作った「茄子と豚肉の味噌炒め」。
うん、昨日より炒め物は味が浸みて美味しくなっていましたペロペロ

食後は100円でカフェラテを注文し、愛機MacBookAirとたわむれていたのですが…。
関東近辺には低気圧と前線があり、やがて飛行機はジェットコースターのように激しく上下左右に揺れ、あやうく食べたばかりのハンバーガーが元の器に戻るところでしたわぉ

着陸した羽田は冷たい雨模様。
さあ、誰もいない我が家に戻りましょう。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »