室蘭自宅夕食開始、卵プチプチハタハタ煮付け、プリプリ豚バラ大根煮物など

ハタハタ煮付け
また室蘭での在宅ワークが始まりました。
日中は天気も良く、外は3℃でも室内は暖房なしで20℃まで上がりました。
まさに魔法瓶ハウスですキョロキョロ

今日は仕事が終わってから、少しスロージョギングをやってみました。
10月のときは30分も40分も走って足を痛めてしまいました。
今日は腱を伸ばすなどの準備を十分に行い、5分だけ走り、あと15分はウォーキングにしてみました。
少しずつ時間をのばしてゆければうれしいです。

明日の準備や夕食の準備をすませ、Cさんは21時半に帰宅。
お疲れ様撫で撫で
美味しいもの作ったからね。

まずはハタハタの煮付けです。
丁度今は「ブリコ」と呼ばれる卵が入っており、卵は煮付けで食べるのがよいそうです。

さっと熱湯をかけてくさみをとり、お鍋に並べます。
水(ひたひた)、酒(ドボドボ)、ラカントS(大サジ1)を入れて落とし蓋をして5分煮、さらに醤油大サジ1を加えて5分煮ました。
身が崩れやすいので出来るだけ弱火で熱し、ひっくり返したりしません。
放置プレーです。

あふれんばかりの卵はプチプチとした食感で美味しかったです。
身はオスの一夜干しを焼くのが美味しいですね。

奥に見えるのは、Cさんが作った焼き豚を、もやし、ほうれん草のお浸しであえました。

プリンプリン豚バラ

豚バラ肉と大根煮付け

こちらは豚バラ肉と大根の煮物。
スーパーでどちらも特売していた「特売タッグ」です。
作り方は過去ブログなどをご覧ください。

豚バラ肉の下ゆでは3時間近くやりました。
こうすることによって脂が抜けてほんとにプリップリになるのですハート
大根の下ゆでは水から煮てみたのですが、中心まで火が入るのに時間がかかるので、やはりシリスチ&レンジがいいようです。

今日も旨みたっぷりの煮物が出来ました。
Cさんに
「美味しいでしょ!」
と言うと
「うん」
と応えてくれました。

モカモカ和え物

モカモカ和え物電気ロースター

左はお約束のモカモカ和え物。
今日は生ワカメが入ってとりわけ美味しかったです。

モカモカ和え物作り方
ちぎったキャベツ、もやしをそれぞれ
 →シリコンスチーマーに入れて電子レンジで茹でる
 →水にとって冷やす
 →しぼる
わかめをざくぎり
キュウリとトマトをさいの目切り

これらを混ぜて、ポン酢醤油をかけて頂くのが基本形です。
ポン酢醤油はいつも「枯木(こぼく)ゆずぽん酢(カネトシ)」を使っています。
「醤油、ゆず果汁、こんぶ、かつお、塩、米酢、みりん、小麦」のみから作られ、とっても美味しいのです。

私はさらに「辺銀食堂(ペンギン食堂)のにんにく油」や「フライドガーリック」を加えるのが好きです。

あれば、茹でたオクラ(小口切り)、小魚(しらす干しなど)、ミョウガ、大葉などを入れても美味しいですよ。

鶏モモ肉も特売をしていたので、電気ロースター室蘭号で焼きました。
お肉の筋を挟みでチョキチョキし、皮目にフォークで穴を開け、市販のハーブミックスとニンニクのみじん切りを揉み込んで冷蔵庫で半日おきます。

ロースターに入れて「鶏肉ボタン」をお酢だけ…オスだけ…、押すだけ!
実は東京でも電気魚焼きロースターでこれを作ってみたのですが、猛烈に煙が出て窓と換気扇を全開にせざるを得ませんでした。
この「けむらん君」だと全く煙が出ません。
たいしたもんです。

そして22分で皮がカリカリ、中はジューシーなローストチキンの出来上がり。

自家製鶏レモン挟み焼き

切ってレモンを挟んめば、大好きな「鶏肉レモン挟み焼き」です。
ほんと、チキンローストはレモンの酸味がよく合います。

短くても楽しい時間

食べ始めたのが22時。

途中、Cさんが

「今日は仕事をしていても、帰ったら楽しいと思うといつもより辛くなかった」

と言ってくれました。
そういうことを言わない人なのでとても嬉しかったです。
やった。

食べ終わったお皿はすぐに洗ってしまい、食べ終わるときには洗い物がないのが私のやりかた。
23時半には食べ終え私はお風呂に入りました。

お風呂から出るとCさんはまだ起きていたのですが、目は半開き。
そして0時10分に座椅子で寝てしまったので、毛布をかけてあげ、私はもう少しパソコンに向かってから1時過ぎに布団に入りました。

短い時間ですが、Cさんと一緒の食事は楽しかったです。
室蘭に来てよかった。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »