室蘭での引っ越し先決定。夜はスペアリブに鱈ちり

新居決定

雪が横殴りに降ったかと思ったら陽が射してくるような、めまぐるしい一日でした。
日中も外気温は-5℃〜-4℃。
今日は室蘭での新居探しの内覧の日です。

まずは今住んでいるすぐ横のマンションへ。
まだ新しく、オートロック、宅配ボックス、トランクルームまでついた本格マンションです。
南向きの2LDKで広さは61.2m2
しかも家賃は東京で都心から少し離れたワンルームくらいです。

ぐるりとまわって、一気に気に入ってしまいました。
しかし、私たちの後にすぐ他の人が内覧に来ると言うこと。
大急ぎでもう一軒見て、その場で最初の物件を抑えてしまいました。
あっと言う間に決定ですエルモ泣き

バッテリーあがりの車復活

その後、スナックマスターとCさんの会社の駐車場へ。
バッテリーの上がった車はブースターケーブルのおかげで生き返りました。

その後オートバックスでバッテリーを交換。
ブースターケーブルも買ったので1万6千円くらいの出費になりました。
とほほ、車はお金がかかります。

赤ワインが進むスペアリブ

スペアリブ

その後買い物へ。
そして18時には夕食を開始しました。
まずはスペアリブ。
これが実に美味しくて赤ワインが進むのです。

作り方は

1) お肉に軽く塩をふる
2) ノンオイルフライヤーで90℃で50分、さらに200℃5分加熱
3) フライパンにごま油を熱し、ニンニクと生姜のみじん切りを炒める
4) さらに玉葱のみじん切りを加え、肉を戻し入れ、ウスターソース、ケチャップ、マスタード、赤ワインを加えて炒め、醤油を少し加えて出来上がり

昨日のノンオイルフライヤーはしょんぼりでしたが、今日は大活躍でした。

鱈ちり

鱈ちり

お次は鱈ちりです。
実は昨夜、スナックでKちゃんが私のブログを見て鱈ちりを作ったら美味しかったと話していたので私も食べたくなりました。

鱈はぶつ切りと肝がパックに入っている物を購入。
昆布ダシで、白菜、椎茸、椎茸、豆腐と一緒に鱈を煮て頂きました。

鱈ちり取り皿タラコツキコン、タコの頭

室蘭で食べる鱈はほんとに美味しいです。
さすが本場。
ホロホロにほぐれる白身からは旨みがほとばしります。

右の写真は、タラコとツキコンの煮物とタコの頭の刺し身。
北海道ではタコは足よりも頭の方が珍重されるそうです。
クニュクニュとした食感が心地よかったです。

幻想的な雪の舞い

今日の買い物途上で見た、道路上で粉雪が強風にあおられてくねくねと這い回る映像です。
このような景色は初めて見たのですが、まるで生き物のようで感激しました。

さあ、北海道の本格的な冬が始まります。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »