なぜか室蘭に来るようになって体重が減り始めました

自分の体重の推移

最近体重がまた減ってきたので、久しぶりに約10年分の体重をグラフにしてみました。

(1)まず2006年に血糖値が心配になって緩い炭水化物オフを始めたところ、体重が一気に減りました。
(2)その後自律神経がおかしくなって半死半生状態になります。
(3)その「自律神経祭り」が終了すると、気が緩んだのか、一皮剥けたのか、一気に46キロ台から55キロ越えまでの高度成長期を迎えます。
(4)その後一進一退を続け、2010年にCさんの超高血糖が発覚して一緒に二回目の炭水化物オフを始めると再び一気に下がり始めました。
(5)そして約半年後に50キロを割り込むまでに。
(6)ここでCさんが君津に引っ越すと、なぜか再び急上昇を始めたのです。
(7)この勢いはCさんが東京に戻ってきて同居を始めても変わりませんでした。
(8)一度ブラジル旅行で下がります。
(9)そして、今回Cさんが室蘭に引っ越し、東京と室蘭の二重生活が始まると共にまた体重が下がってきました。

このあたりで止まってくれるといいのですが

今回の減少は原因がよくわかりません。
52キロは若いときと同じベスト体重だと思っているので、このあたりで止まってくれるといいのですが…。

以前の解析では、私の体重と日本株価の不思議な連動が判明したので、今後経済が停滞するのでしょうか。

あまり下がるとちょっと不安になりそうです。

▼こちらもどうぞ

体重V字回復の原因は?日本の株価と連動?(2014年1月)
体重は土日に増えることが判明。日本株価との連動もさらに確かに?(2014年2月)

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »