おせちモカ盛りつけバージョン、酔っぱらって鳥辰へ

おせち料理モカ盛りつけバージョン

お正月2日目も昼まで寝床で過ごしました。

Cさんが
「おせちは主婦が正月にのんびりするためのものだよ。だから準備して」

と言うので、Cさんはのんびりし、私がおせちの食材をお皿に盛りつけましたわぉ

写真を見て、昨朝と何が違うかわかりますか?
親戚の集まりでもらってきた「昆布巻き」が加わり、かまぼこの厚みが少し厚くなって11ミリになったのです。
かまぼこは11ミリに切ると歯ごたえが良くなるのです。

その後はお酒を飲みながら、のんびりとテレビを観て過ごしました。
年末年始は海外旅行もいいですが、こういうまったりとした時間もまたいいものです。

開いていた鳥辰へ

開いてるのは鳥辰だけ

夕方に買い物に行ったのですが、野菜も高く、魚貝も解凍ものばかりでした。

というわけで、手抜きで外食にすることにしました。
と言っても、ほとんど開いているお店はなく、結局いつもの室蘭やきとり「鳥辰」へ。
しかし今夜はすでにけっこう飲んでいます。
鳥辰はボトルキープ出来ないので、果たして1本飲みきれるでしょうか。
まあボトル入れなきゃいいのですが…。

まだ時間は5時過ぎだったのですが、店内はほぼ満席。
皆考えることは一緒なのですね。
なんとか一つだけ開いていたテーブルに座ることが出来ました。
そしてCさんはいつものように焼酎のボトルを入れますひぇ

気になっていたカニサラダ

カニサラダ

今日は以前から気になっていた「カニサラダ」(1150円)を注文。
レタスの上にカニの身がどっさり乗っていて美味しかったです。
北海道では夏の毛ガニが最高なのですが、この時期はこうやって楽しみたいです。
(参照:再び毛ガニ降臨!この世のものとは思えない旨さでした)(同一ウインドー)

室蘭やきとりにメンチ

室蘭やきとりメンチカツ

そしていつもの室蘭やきとり(140円/本)4本と、メンチ串カツ(480円/2本)を注文。

焼酎は3センチほど余ったのでお店に寄付してきました。

帰宅後Cさんは19時前に、私も20時には寝てしまったようです。
しかし再び22時には二人とも起き出し、二次会が始まるのでしたアホヤ
お正月だから許して〜。

大きな地図で見る

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »