室蘭への引っ越し当日。たくさんの思い出の詰まった我が家さようなら

玄関前の段ボールの山

いよいよ室蘭への引っ越しの日になりました。

朝は7時に目覚ましの音で飛び起きました。
そしてすぐに布団、目覚まし時計などを箱に入れ、最後の荷造りをしました。

廊下には段ボールがうずたかく積まれています。
ほんとに引っ越しするのだと改めて感じました。

25万円

パンダたち25万円!

今回の引っ越しの費用は25万円
札束を手にしてみると、改めてその金額に驚きましたキョロキョロ
やはり室蘭は遠いのですね。

引っ越し業者を待ちます

150122_4

リュックに移動用の荷物を詰め込み、引っ越し業者を待ちます。
ちなみに口が開いている段ボールがあるのは、途中でガムテープがなくなったためです。

そして搬出作業開始

引っ越し作業中

そして8時15分に引っ越し業者来訪。
ついに来た!うさぎ

腕っぷしのつよい男性が、次々と段ボールや家具を持ち出します。
私がヒーヒー言って持ち上げた段ボールを2つ一緒に軽々と持ち上げるのです!エルモ泣き
すごい!
素敵!
私も抱えて〜!

様々な不定形の家具などの梱包も見事でした。
こういう「プロの技」を見るのはいいものですね。

でもデスクとダイニングテーブルのガラスカバーを外すのに苦労していたので私がやってあげると

「さすがですね」

と言ってもらえました。エルモバンザイ

気にしていた天気ですが、搬出中は雨はなんとか小ぶりでもってくれました。
これが大ブリだったら大変です。
寒ブリだったらいいですが。

ちなみに冷蔵庫(2008年製)はリサイクル業者に5,000円で売れました。
洗濯機(2002年製)は同時に3,000円で引き取ってもらいました。

がらーん

がらーん

約二時間で荷物は全部運び出されました。

業者がいなくなると、家の中はカラッポになりました。
お財布もカラッポになりましたが。

秋風が

カラッポ

さっきまで賑やかだったので急に秋風が吹いたような気持ちになりました。
今は冬ですが。

その後、家中を出来るだけきれいに磨き上げました。

リフォームとハウスクリーニングは2月中旬予定なのですが、それまでに家の中の写真を撮って住宅情報に載せるのです。
借りたいという人が見に来るかもしれません。
冷蔵庫やベッド、タンスなどの大物家具がなくなった後はかなり汚れていて難儀しました。

そして14時頃に掃除完了。

最後のゴミ出し

最後のゴミ出し

その頃には雨は本ぶりになっていましたが、最後のゴミ出しを頑張ってやりました。

ほんとに今回はたくさんの物を捨てました。
それでも2トンロングトラックで満載近くになったので、もし物を捨てていなかったら積みきれなかったと思います。
一体我が家のどこにこれだけの物があったのでしょう。
「四次元押し入れ」でもあったのでしょうかわぉ

さよなら愛する我が家

さよなら

そしてついに12年間住んだ我が家を離れるときが来ました。

このリビングにもたくさんの思い出が詰まっています。

Cさんが住み着き、いつも一緒に過ごしていました。
たくさんの友達の笑顔もここで見ることが出来ました。
アメリカからもお客さんが来ました。
Cさんの寝床にもぐり込もうとして落っこちて床で寝ていたこともしばしばありました。

さよなら、大好きな大好きな我が家。
苦労してローンを払いきり、苦楽を共にし、自分の分身のように思っていました。

新しいご主人様に可愛がってもらってね。
うう、涙が出てきましたエルモ大泣き
でも今までほんとに有り難う!

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »