開梱開始!夜は厚岸あさりワイン蒸し(旨い)、彩りジンギスカンなど

開梱作業

今日から室蘭の新居の開梱作業(開墾ではない)を開始しました。
3日後には室蘭内の引っ越しがあるのです。
それまでに段ボールだらけの家の中を整頓し、受け入れ体勢を作らなくてはいけません。

例によって、Bluetoothヘッドホンで大好きな桑田佳祐さんのライブを聴きながらのりのりでやりました。
このヘッドホン、すごく気に入りました。
こうした、何かやりながら音楽を聞くときはワイヤレスのヘッドホンがすごくいいですね。

開梱作業は梱包作業と比べて気分的には圧倒的に楽です。
前者がエントロピー減少なのに対し、後者は増大…といった印象ですね回る少女

梱包時は、

・梱包もれが怖い
・期限が決まっている
・捨てる作業が大変

というのも大きいと思います。

厚岸産あさりの白ワイン蒸し

厚岸産あさり白ワイン蒸し
Cさんは21時頃に帰宅。
お夕食は

・厚岸産あさりの白ワイン蒸し

これすごく美味しかったです。

フライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切りを入れ、冷たい状態からじわじわと熱して香りを出します。
中火にしてアサリを入れ、白ワインを加えて蓋をし、あさりの口が開いたら最後に葱のみじん切りを加えて出来上がり。

身がとても大きく、ふっくらとして味が濃かったですペロペロ

播磨産生牡蠣

播磨の生ガキ

こちらも大粒で美味しかったです。

厚岸産の牡蠣を食べたいのですが、室蘭のスーパーではまず見ません。
どこに行ったら食べられるのでしょう。
都会に行っちゃうのかな…。

この牡蠣はスーパーで
「生食用 牡蠣フライで
と表示されていました。
どっちゃねん。

ちなみにパッケージの「生食用」の表示の真上には、その表示を隠すように値段のシールが貼ってありました汗

冷凍エビフライ大会

エビフライ大会

昨夜に続いて、冷凍庫一掃セールです。
今日は少し大きめのエビフライを一気に6尾揚げました。

例によって、オイルスプレーでごま油をふりかけ、200℃に予熱したノンフライヤーで10分加熱。
簡単ですよ。

ジンギスカン炒め

彩りジンギスカン炒め
・ジンギスカン炒め
・ワカメともやしのポン酢がけ

北海道で頂くラム肉はことさら美味しく感じられます。
ラム肉はたっぷりの野菜と一緒に炒めるのがコツ。
そして「ベルの成吉思汗のタレ」で仕上げるのです。

ピーマンの緑や人参のオレンジの彩りがきれいですね。
人参は炭水化物が多いので避けていたのですが、それほど多くないとわかったので少し加えました。
チャーメン食べてる私たちが今さら言うのもなんなのですが。

明日も開墾…開梱作業は続きます。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »