室蘭内の引越当日。らくらくパックも結構大変です

エルモ箱詰め
いよいよ室蘭内での引越当日になりました。
今日は平日なので、Cさんは普通に出社してゆきました。
またまた一人での引越ですエルモ大泣き

スタッフが来るまで、出来るだけのものを梱包しました。
エルモも分別して詰めました(すき間には枕を)。

引越スタート

引越スタート

そして予定通り10時に引越スタッフ3名が到着。
養生をし、引越代金5万5千円を支払い、引越開始です。

今回の引越先はすぐ隣のマンションなのですが、全部梱包して一度トラックに詰め込みました。

食器は専用トランクで

食器は専用トランクで

おまかせパックの場合、食器はこのような専用トランクを使います。
食器を並べて蓋をし、スポンジでギューッと圧迫するわけですね。
楽だけど、食器が多い家は結構なトランクの数になるだろうと思いました。

雪がふらず助かりました

天気がよくて良かった

今日は天気予報では午前中雪だったのですが、実際は晴れ間ものぞき、最後まで雪は降りませんでした。
ほんとに予報が外れて助かりました。

こんなに広かったんだ

がらーん

そして2時間ほどで家の中はカラッポに。
こんなに家の中が広かったのかと驚きました。

ということは、逆に次の家も広く感じたけど物が入れば狭くなってしまうのかもしれません。

洗濯機ホース付け替え

洗濯機ホース付け替え

荷出しが終わると、すぐに次の家に行き、受け入れ体勢を作ります。
そして20分ほどで詰めたてほやほやの段ボールが次々に運び込まれてきました。

洗濯機を設置しようとすると、排水の位置が今までと逆であることが判明。
引越スタッフは洗濯機のホースの付け替えはやらないので、私がやることになりました。

え、そんなこと出来るのですか?

そもそも中年おばさんにお願いするのも無理がある気がします。
でもそこは技術系おばさんの意地。
洗濯機を持ち上げて下をのぞき込み、ドライバーを使ってなんとかホースの付け替えに成功しました。

また一つ手に職が付きましたエルモバンザイ

の中は段ボールの山に

家の中は段ボールの山に

そして1時間ほどで運び入れが完了し、だいぶ片付いていた家の中はまた段ボールだらけになってしまいましたひぇ
それこそゴミまで梱包して運び込んだので、その数はそうとうなものです。

休む暇も無く、ヘッドホンで景気のいい音楽を流して自分を叱咤激励し、開梱作業を始めました。
しかしこれが1週間前の引越よりはるかに大変だったのです。

前回の「へとへとパック」の場合、荷造りは大変でしたが、事前に捨てることが出来たので、開梱して出て来るものは必要な物ばかりでした。
しかし今回は何もかも運び込まれているのです。
そして二世帯分の荷物が集結し、家の中は大変なことになってしまいました。

私の部屋も爆発状態に

私の部屋も爆発状態に

私の部屋も収容能力を超えて物があふれてしまいました。
Cさんにとっては見慣れた光景だと思いますが。

出来だけのやったのですが、まだまだ先は長そうです。
とりあえず今夜寝る場所だけ確保し、明日続きをしたいと思います。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »