Daily Archives: 2015年2月6日(金)

萬べぇ(室蘭)賑わいのあるいい居酒屋です

萬べぇ(室蘭)

ここ1週間ほど室蘭は晴天が続き、地面の雪もほとんど溶けてしまいました。
風もおだやかで、日中は気温が3℃ほどになるとぽかぽか陽気に感じられます。
室内には陽が降り注ぎ、暖房をつけないでも室温は22℃近くまで上がります。

怖れていた北海道の厳寒期ですが、なんとか乗り過ごせそうでうれしいです。

そして今日は金曜日!
ご存じTGIF(父ちゃん元気で一発ファイト)ですね。

Cさんも19時前には帰宅し、二人でのぼりをたたて室蘭市中央町に繰り出しました。
目指したのは、裏通りにある居酒屋「萬べぇ」。
Cさんも私も初めてのお店です。

私は室蘭をとことん知り尽くしたい。
馴染みのお店もいいのですが、こうやって新しいお店にもどんどん行ってみたいと思います。

萬べぇ(室蘭)店内

お店に入ってみてちょっとびっくり。
雑然とした感じが実にいい雰囲気の居酒屋で、店内はほぼ満席で賑わっていました。
室蘭は人があまりいなくて寂しいところなので、こうやって賑わっている所に来るとほっとします。
しかも若い人がたくさんいたのが嬉しかったです。

やった!飲み放題

やった!飲み放題

メニューをみると、なんと飲み放題コースがありました。
発泡酒プランだと、2時間で男性1,680円、女性1,580円(微妙な差なのですが…)。
いいじゃないですか。
嬉しいじゃないですか。
これに決めました。

豊富なメニュー

メニュー1メニュー2

メニューの品数も実に豊富でした。

メニュー3メニュー4

この中から選ぶのも居酒屋の楽しみですよね。

行者にんにく餃子

行者にんにく餃子

まず頂いたのは「行者ニンニク餃子」(518円)。
ニンニクが実に臭いのですが、これが美味しいのですよ、あなた。
こりゃ明日は人に会えません。
でも必須アイテムだと思います。

珍品羊タン

羊タン

お次は、牛タンならぬ「羊タン」。
さすがジンギスカン王国の北海道です。

肉厚で、コリコリとした食感は牛タンに勝るとも劣らないものでした。
価格も牛タンより安く、お薦めだと思います。

そうそう、飲み放題のいいところはお料理に合わせたお酒を注文出来ること。
餃子にはビール(発泡酒)、牛タンには赤ワインなどと、細かい設定が出来るのです。
チャンポンになって酔っぱらうことも請け合いなのですがわぉ

ちょっと違うラムチョップ

ちょっと違うラムチョップ

「骨付きラムチョップ」も頂きました。

あのフレンチのラムチョップを想像していたのですが、出てきたのは平たいジンギスカン系のラムチョップでした。
でも塩こしょうがいい感じで、美味しかったです。
こりゃ絶対赤ワインですねばんばん

フロアの若い女性にお酒のお代わりをお願いすると、ものの1分で出て来るのには感心しました。
すばらしい!
お代わりを注文して、なかなか出てこない飲み放題は嫌いです。

氷下魚

お次は氷下魚と漬け物。
こういった干し魚が旨いのです。
もちろんお酒は焼酎のお湯割りに移行します。

マルチョウ…君に会いたかったよ

マルチョウ

北海道に来てご無沙汰していたホルモンの王様「マルチョウ」にもここで出会えました。
ああ、あなたに会いたかった。

こってりトロトロの脂身の旨さよ。
焼酎お湯割りお代わりお願いいたします。

かまぼこ二種

天かまこれは?

まだまだお料理は続きます。
天かまと、似たようなさつま揚げ。

2時間一本勝負の持ち時間を使い切り、存分に室蘭居酒屋を堪能しました。
お会計は二人で8,828円。
ちょっと注文しすぎちゃったね。

その後、いつものスナックに二人は吸い寄せられ、帰りがけのコンビニでおにぎりとカップラーメン(ミニ)を買って家に帰ったようです。

明日土曜日は食器棚が到着し、必要な物を買い出しに行き、粗大ゴミを車に積んで捨てに行く予定です。
いよいよ一ヶ月続いた室蘭移住プロジェクト(MIP)も最終章に入ってゆくのでした。

室蘭のみなさまありがとうございます。
そしてここまでお読み頂きありがとうございました。

大きな地図で見る

Translate »