Daily Archives: 2015年2月25日(水)

深夜の大型ばくだん、美味しかったです

大型ばくだん

夜はいつものように体操や明日の準備をし、夕食の支度をしてCさんからのカエルコールを待ちました。
19時、20時、21時、22時…。

来ない…わぉ

Cさんもがんばっているのです。
私も待つのは大丈夫です。
でも5秒後にかかってくるのか、それとも2時間後なのか、それが全くわからない状態で待つのが辛いです。

先に食べちゃえばいいじゃんと言われますが、やはり一緒に食べたいです。
それに温かい料理は出来たての状態で食べたい。
というわけで、今夜もスマホを横に置いてハラペコ状態でパソコンをやりながら連絡を待ちました。

結局電話がかかってきたのは22時半過ぎ。
家に帰ってきたのはその10分後くらいでした。

さあ待ちに待った夕食です!エルモ泣き

今夜のメインは「ばくだん」。
スーパーで「マグロ、ブリ、ホタテ、サーモン、鯛」の刺し身盛り合わせがあったのでひらめきました。
これに「ヤリイカ、トビッコ、海老」を追加し、さらに「たくあん、納豆、生卵」を加えました。
海老は残念ながら地元の南蛮海老がなかったので、ノルウェイ産の赤エビにしました。

ばくだん美味しい!

海苔で巻いて♪

これらに醤油をわさび加えて「キェーー」というかけ声とともにグチャグチャに混ぜます。
そして、海苔、大葉の上に適量を乗せて口の中へ…。

パリッと海苔の香りを感じ、その後に海鮮と納豆の旨みが口いっぱいに広がります。

キェーーこれは旨い!ばんばん

まさに海鮮の旨みのシンフォニー、コングロマリット、ジョイントベンチャー!
ばくだんは材料費がかかるのが少し難点(今回は1,500円ほど)なのですが、やはり最高に美味しいです。

ちなみに「ばくだん」の語源なのですが、関西地方では「具」のことを「かやく」と言うため、という説がありました。
「かやく」 → 「火薬」 → 「ばくだん」ですね。

お手軽鶏レモン焼き

鶏レモン焼き

こちらは大好きな「鶏レモン焼き」。
鶏モモ肉が100グラム96円だったので作ってみました。

実際はこの倍作り、半分は明日のお弁当にしようと思っていたのですが、結局全部食べてしまいました。
白ワインによく合うのです。

ロースターの底にはアルミホイル肉鍋のお汁再利用

鶏レモン焼きはモモ肉に市販の「香りソルト イタリアンハーブミックス」とニンニクのみじん切りを揉み込み、愛用の電気ロースターに入れて「鶏肉ボタン」を押すだけ。
下にアルミホイルを敷いておくと後片付けも楽です。

右は昨夜の肉鍋のお汁に「北海道産豚肩切り落とし(105円/100グラム)、玉葱、白菜、ネギ」を加えて煮込んだもの。
すでにお汁にしっかり旨みが溶け込んでいるので、昨夜に輪をかけて美味しくなっていましたペロペロ

室蘭が出て来る映画を観ながら

夕食を食べながら観たのは「探偵はBARにいる 2 ススキノ大交差点」。
この中で室蘭が出て来るのです。
観たのは二回目なのですが、前回観たときはそれがわかりませんでした。
今回は

「あ!大王だ、その下の交差点だ!」

などと場所がわかってうれしかったです。

食事が終わったは、もう1時近く。
今夜はCさんは椅子で寝ずに非常に久しぶりに直接寝床に行って寝てくれました。

明日はもうちょっと早く帰ってきてもらえるとうれしいです。
でもわからないよね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

Translate »