特売食材で「棒々鶏」、カツオ刺しなどで夕食を

棒々鶏

怒濤の週末が終わり、日常が戻りました。

実は月曜日というのは

  • 詩吟教室が夜ある
  • 週初めで仕事が忙しい
  • スーパーの特売が少ない

という理由で外食にしたいのですが、3夜連続の外食だったのでお財布も寂しくなり、がんばって自宅で作りました。

スーパーで特売の「鶏胸肉」(56円/100g)を購入。
昨日スーパーで買った胡瓜がおかしかったので、1本交換してもらったら2本になりましたエルモ泣き
さらに特売で「もやし」が1袋9円!

この組み合わせはもう「棒々鶏」ですエルモ泣き

作り方
特売「鶏胸肉」はハサミでチョキチョキして平らにします。
さらにフォークで「キェーー!」と叫びながら穴だらけにしましょう。
そこに「塩」(ひとつまみ)と「酒」(適量)をふりかけ、ポリ袋でモミモミして10分ほど放置。

シリスチ(シリコンスチーマー)に「生姜(2片)」(あればネギの青いところ)を入れて鶏肉を寝かせ、酒を適量振りかけ電子レンジに入れます。
500Wで5分、さらにひっくり返して4分加熱。

お皿に「もやしのおひたし+キュウリ(千切り)」、さらにそぎ切りにした鶏肉を乗せ、自家製ごまだれをかけて出来上がり

ごまだれ
・すりゴマ(ごますり器でグリグリ)
・ラカントS
・味噌
・水
以上等量
・酢(上記の1/2量)
・紹興酒
・ごま油


夕食の支度をほとんど済ませ、LINEで盛りつけなどをCさんにお願いして詩吟教室へ。
Cさんの盛りつけは以前私が作ったのと違い、レタスやトマトを使って、より美しく出来上がっていました。

鶏肉と野菜をからめて

鶏肉と野菜をからめて

胸肉自体はぱさつき気味なのですが、野菜(胡瓜、もやし、トマト、レタス)とごまだれをからめると美味しいのです。

たっぷり野菜にカツオ刺し

たっぷり野菜にカツオ刺し

まだまだスーパーでは「カツオ刺し」(321円)も健在だったので、久しぶりに購入。
カツオ刺しがあると私はいつも幸せです。

「スナップエンドウ」はこの倍くらいが、洞爺の道の駅で200円でした。
道の駅っていいですね。

宗八、ほうれん草、みよしの餃子

宗八、ほうれん草、みよしの餃子

「伊達産のほうれん草」は一把102円。
シンプルにかつお節と醤油だけで頂きました。
香りがよくて美味しいです。

いつも「みよしの餃子」は12個入って130円ほど。
「ちょっと足りないかな」という時の強い味方ですね。
(多すぎるときもままあるのですが)

自家干し宗八

自家干し宗八

室蘭産の「宗八ガレイ」はいつものように自家干しにして頂きました。
卵まで入って一尾約100円。

夕食後は二人でソファーに座り、ハイボールを飲みながらWRC(世界ラリー選手権)の映像を観たのですが、私は興奮して目がランランと冴え、結局眠れたのは1時半でしたアホヤ

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »