超脂の乗った釧路産イワシ、プルンプルン豚バラ煮、そして生ラムジンギスカン

魚貝大好き

やって参りました金曜日!
TGIF(父ちゃん元気で一発ファイト!)ですエルモ泣きすまん

昼休みに近所のスーパーに行くと、丸々と太った釧路産のイワシが寝転んでいましたキョロキョロ
こ、これは絶対に旨い。
一尾198円と少し高かったのですが、思い切って買ってみました。

Cさんはまだ明るい18時50分に帰宅。
さあイワシはいかに!

イワシの脂ののりがすごい

イワシの脂ののりがすごい

その断面は2〜3ミリほど白い脂の層があり、新鮮で最高に美味しかったです。
もしかして、イワシやサンマはこれから北の方から脂の乗った美味しいのが南下してくるのでしょうか。
これは楽しみです。
漁師さんよろしくお願いいたしますぺこぺこ

豚バラ大根煮込み

豚バラ大根煮込み

「豚バラブロック」(北海道産)(106円/100g → 585円/552g)は、冷蔵庫で眠っていた大根を叩きおこして「豚バラ大根煮込み」になってもらいました。

作り方
豚バラ肉を適当な大きさに切り、水、酒(ドボドボドボ)、生姜3切れ、ネギの青い所を入れた鍋で20分ほど茹で、保温鍋で放置。
シリコンスチーマーに輪切りにして皮を剝いた大根を並べ、レンジで900W6分加熱して下ゆで(600Wだと10分くらい?)。
茹で上がった豚肉はお湯で丁寧に洗い、大根、昆布ダシ汁(600ml)、酒(50ml)、醤油(25ml)、ラカントS(砂糖)(大サジ2)、みりん(小さじ1)を10分ほど煮て保温鍋に入れる。
気が向いたら煮立てて再び保温鍋へ。

プルンプルン物語り

プルンプルン物語りポトフの残りと冷や奴

もー、バラ肉はプルンプルンのプリンプリン。
食感も旨みもたまりませんペロペロ
私も胸が一度でもいいからプルンプルンになってみたいです(お腹はなっていますが)。

右は昨日の残りの「ポトフ(ほぼ汁)」に「冷や奴」。

ジンギスカンは生ラムで

ジンギスカンは生ラムで

そしてここからが今日のメインです。
今までは前菜ですねすまん

「生ラムスライス」(108円/100g → 440円/408g)が安かったので、ジンギスカンにしました。
「丸い成形ラム肉」は今や相場が高騰し、普段は100グラム200円近くします。

今夜は、いつものように「ジンギスカン鍋」をカセットコンロにセットし、野菜(もやし、ピーマン、人参、椎茸、キャベツ、タマネギ、ツキコン)と一緒に焼きました。
タレはもちろん「ベルの成吉思汗タレ」(ジンタレ)。

肉も旨いし野菜も旨い!
こうして北海道の夜は更けて行くのでした。

Cさんは21時16分にソファーで就寝(早い汗4)。
私はテレビで「博士の愛した数式」「しあわせのパン」を観ます。
どちらもほのぼのと心を暖めてくれる映画です。

「しあわせのパン」の舞台は洞爺湖。
最初に東京の映画館で観たときより、ずっと親しみを感じながら観ることが出来ました。
人生、ほんとにどうなるかわからないものですね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

※本ブログの価格は税込表示です

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »