インドパワーで家計に優しく美味しい「タンドリーチキン」を

タンドリーチキン

スーパーで「鶏手羽元」(国産)(51円/100g → 289円/568g)が安かったので、久しぶりに私の十八番「タンドリーチキン」を作ってみました。

「ヨーグルト」を買ったので「冷凍ベリーミックス」も買っちゃいました。
くー、久しぶりの「デザート」だわ!エルモ泣き
※ちなみに「デザート」と発音すると砂漠(desert)になるようです。

家に帰り、インドの民族衣装に着替えて料理を始めます(うそ)。

タンドリーチキンの作り方
鶏手羽元に包丁で切れ目を入れ(入れなくてもOK)、塩胡椒してモミモミします。
あー、きもちよか嬉しい〜

・ヨーグルト(1カップ)
・すりおろしニンニク(1かけ)
・すりおろし生姜(1かけ)
・ラカントS(糖質オフじゃない人は蜂蜜がいいね)(大サジ2)
・カレー粉(小さじ1)
・ケチャップ(大サジ4)

と一緒にポリ袋に入れてさらにモミモミし、インドの踊りをして冷蔵庫に入れます。

「ノンオイルフライヤー」を180℃に予熱し、網の上につけ汁がついたままのチキンを並べて12分!
いってらっしゃいよろしく〜

インドパワーで順調にタンドリーチキンはできたのですが、お皿に乗せてみてその量にたじろぎました。
子だくさんの食卓じゃないのですから汗4

うんうん美味しい

うんうん美味しい三平汁は最後まで

でも食べてみると、香りも良く、中もしっとりジューシー。
レタスなどの野菜と合わせながら赤ワインを頂き、Cさんと10本あっと言う間に食べてしまいましたペロペロ

昨夜まで「三平汁」として活躍してくれたお汁は、大根を入れてさっと煮て再利用。
最後の一滴まで美味しく頂きました。

野菜もたっぷり

野菜もたっぷり

昨夜の残りの「豚挽肉野菜炒め」にどっちゃり地元の野菜を添えました。

水もしたたるブロッコイ

隣町の伊達産の「ブロッコリー」(102円)は蒸す前に包丁で切ると、じわりと水分が滲み出てきました。
キャオーン、新鮮ですキョロキョロ
味も歯ごたえも申し分なし。

シービスケット、感動の実話です

夕食後は二人でソファーに乗り、映画「シービスケット」を鑑賞。
駄馬がオーナー、調教師、そして騎手によってものすごい記録を打ち立てる実話です。

Cさんは定刻の21時50分になっても目がランランとしていて、0時に映画が終わるまでしっかり起きていましたわぉ
やはり競馬となると違うのですね。

よい映画でした。
ちなみにブルーベリーデザートは食べ忘れましたアホヤ

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “インドパワーで家計に優しく美味しい「タンドリーチキン」を

    1. moca
      #

      Cさん3本、私7本でしょうか(^_^)
      ワイン大好きです。

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »