「自家製干しカラスハモ」が絶品!かま栄もね♪

カラスハモ

10月を目前にし、だんだんと室蘭も寒くなってきました。
トイレで座ったときに便座が「ひやっ」とする度に季節の変化を感じます。

昼間はCさんと図書館とスーパーへウォーキング回る少女

Cさんはいつも日中はテレビでドラマを観ながら本を読んでいます。
それだけでも私には出来ないのですが、読む速度が私の10倍くらいなのですわぉ
というわけで、今日も分厚い本をまたたくさん借りていました。

さて!今日の夕食で最高だったのは、昨日買ってベランダで干しておいた「カラスハモ」でした。
丸一昼夜干して水分が飛び、タンパク質が加水分解して「旨みアミノ酸」になったのだと思います、ハイ。
その脂と濃厚な旨みは筆舌に尽くしがたいものでしたばんばん

「こここここ」

としばしニワトリになるモカなのでした。
もしこれを東京のちょっと高級な店で出したら、軽く1,500円はするのではないでしょうか。

秋鮭のホイル焼き

秋鮭のホイル焼き

お次は1切れ108円だった秋鮭を2枚使った「秋鮭のホイル焼き」。

Cさんによると、まずアルミホイルにバターを塗り、

・タマネギ(スライス)
・鮭切り身
・溶けるチーズ
・赤ピーマン&普通のピーマン(細切り)
・トマト(輪切り)
・エノキ
を乗せます。
さらにバターを乗せ、
「バジルソース、オリーブオイル、白ワイン、ワインビネガー、塩」を混ぜた物をかけて電気ロースターで15分ほど焼きました。

様々な具材(ξ)の味が合わさり、まー美味しいことよよだれ

今夜も「節酒ナイト」なので「1/4希釈炭酸白ワイン」と一緒に頂きましたエルモ目

タコトマトのバジルあえ

タコトマトのバジルあえ

「タコブツ」は「トマト、クリームチーズ」と一緒にイタリアンあえものにしました。
味付けは「バジルソース、オリーブオイル、塩、ワインビネガー」。
バジルの香りがたまりません。

1/4様が進みます。
と言ってもあくまでもペースはいつも通りに汗4

旨い!麻婆豆腐

旨い!麻婆豆腐

以前大安売りで買って冷凍しておいた「豚挽肉」を使って、Cさんが「麻婆豆腐」を作ってくれました。

作り方
1)フライパンに「ごま油+ニンニク(みじん切り)」を熱し、挽肉を炒める
2)ネギ、生姜の順に入れて炒める
3)塩こしょう、豆板醤で味付けし、さいの目にして水気した豆腐(絹ごし)を加える
2)紹興酒、ダシ、オイスターソースを加えてちょっと煮て出来上がり

豆腐だって、1パック50円ほどの安物です。
でもこれが最高に美味しかった…エルモ大泣き

料理というのは同じ具材を使っても、作る人によって全然違うのだと痛感します。
ちなみに具材のみじん切りなどの下処理はモカ担当です。
なかなか見習いから脱せません。

やはり美味しい「かま栄」のかまぼこ

やはり美味しい「かま栄」のかまぼこ

こちらは、いつもの「モカモカ和え物」「蕪の漬け物」「塩から」。
そして、一昨日のお馬旅行で帰りの新千歳空港で買ってきた「かま栄」(かまえい)の「かまぼこ」です。

もっとたくさん買ってきたのですが、多くは帰り道の特急の中で食べられてしまいました。

このかまぼこは、ちょっと高い(1個200円ほど)ほんとに美味しいです。
時々食べたいのですが、買える場所はこの新千歳空港が一番近いのですエルモ大泣き

誰か空港や札幌に行った人は買ってきておくれ〜。

19時半頃に食べ始め、Cさんは21時30分にソファーで就寝。
私も0時過ぎには寝床に入りました。

こんな平凡な一日がありがたいです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »