「室蘭開発建設部現場見学会」で白鳥大橋の主塔に登ってきました、さらに室蘭クルージングも

ここに登りました

今日は午後半休をとって、楽しみにしていた「室蘭開発建設部の現場見学会」に行ってきましたbus

13時半に室蘭駅に集合。
車に乗り込み、まず行ったのが、いつも見ている「白鳥大橋」の主塔です。
もーー、考えただけで興奮しますエルモ泣き

登ります!

ここで降ります

スタッフの車に乗せてもらい、主塔わきに車を停めます。
いよいよです!

足下がーー

道路脇に降りると、いきなり足下が「シースルー」でしたわぉ
くーー、いきなり来ました。

ここから入ります

主塔のハッチを開け、そこに潜り込みます。
何かいけないことをしているみたい汗4

狭いエレベーター

4人乗るとギュウギュウ詰めになる小さなエレベーターで一気にてっぺんへ。

主塔の展望台?

主塔の展望台?

外に出るとこんな感じ。
展望台」と言ってもいいほどの環境です。

その眺め

蘭西方面

そこからの眺めは、思わず息を飲むものでしたエルモ泣き
これは蘭西側。

蘭北方面

こちらは工場夜景の美しいJXなどがある側です。

魚眼で

魚眼でビヨーンと撮ってみました。
もう興奮しまくり!
「何とかと煙は高いところに登りたがる」と言いますよね。
確か「美人と煙は…」だっとと記憶しています、はい。

青空が

ツアー最初は小雨が降っていたのですが、私たちが鉄塔にいる間に少し青空が広がってきました。
やったー!元気""

道路の下へ

道路の下へ

主塔てっぺんの次は、エレベーターで降りて、道路の真下の作業スペースへ。

足下透け透け

実はここの方が足下が透け透けでずっと怖かったです汗

ロシアキッズが鉄塔に登るYouTube動画を思い出しました。

すごい!

でもみんな「ここに来たかった!」とばかりに楽しそうにしています。

タイタニック?

フロアには出っ張った部分が。
実はこのフロアは橋の下を移動しながら作業出来、これは反対側に着いたときの「渡り廊下」なのだそうです。
ちなみに今回案内してくれた方は、吊り橋を吊っている「ロープ」の上を移動しながらほうきで「除雪」をしたりするのだそうです。
恐るべし。

室蘭港クルーズ

室蘭港クルーズ

興奮の吊り橋体験の後は、船に乗り込みクルージングです。

室蘭港クルーズ

まずは室蘭港内を一周します。
水際にはたくさんの重工業の工場がありました。
初めて見る海からの景色に興奮しまくり。

白鳥大橋の真下をくぐります

そして船は室蘭港内から外海へ。
途中、先ほど登ったばかりの「白鳥大橋」をくぐりました。
この眺めも初めて。

外洋へ

外洋へ

外洋から見る室蘭の景色も壮観でした。
ごつごつとした荒削りの崖がすごかったです。

気持いい!

うまくすればイルカもこの辺りで観られるのでしょう。

この後「Mランド」という人口漁業島を見学し、16時半にツアーは終了。
すごく有意義で楽しかったです。
スタッフの皆様ありがとうございました!

ちなみに、同じ様なツアーが先日有料であったようです。
札幌発着で8千円ほど。
これは室蘭観光の候補出来るのではないかと思いました。

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “「室蘭開発建設部現場見学会」で白鳥大橋の主塔に登ってきました、さらに室蘭クルージングも

  1. aki
    #

    こんばんは。
    白鳥大橋の主塔に昇られたんですね。私も2年前に昇り、絶景でしたが、正直足がすくみました。
    ナイトクルーズは結構有名になっていますが、こんな風に昼間の室蘭港内や白鳥大橋主塔見学なども、
    とっても有意義で楽しいので、観光にも活かせるといいですね。

    Reply
    1. mocamoca Post author
      #

      >akiさま

      コメントありがとうございます。
      はい、登ってきました。
      akiさまも登ったのですね!
      私も足下シースルーはかなり足がすくみました。
      これはほんとに観光になると思います。
      室蘭の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいです!

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »