わたべ(室蘭)(居酒屋)…温かいもてなしで幸せに

わたべ

朝から雨模様。
しかし夕方からは急速に天気が回復し、夕方には澄みきった青空と、山からわき上がるような白い雲、そして見事な夕焼けを見ることが出来ましたキョロキョロ
「低気圧ジャンキー」の私としては天候の変化寒冷前線は辛いのですが、ドラマチックに移り変わる空の表情は実に魅力的です。

今夜は大好きなお店「わたべ」にバスに揺られて行ってきましたbus
東京に住んでいた若い頃(30代くらい)は、新宿や渋谷などに地下鉄を使ってしょっちゅう飲みに行っていました。
やがて、自宅から歩いて行けるお店を好むようになり、今はこうしてバスで出かける。
時間の流れを感じます。

「室蘭駅前」のバス停で降りて歩くこと5分ほど。
わたべの提灯が見えてきましたハート

カウンターでまずはお通しから

カウンターでまずはお通しから

19時にお店に入ると、既に店内はたくさんの人で賑わっていました。
カウンターの端の席に座り、まずはお通しの「ブリ刺し」で焼酎を頂きます。

ここは昨年の11月にお店の規模を縮小して「完全予約制」にしたのですが、結局こうやって多くの人が来店し、ほとんど元の状態に戻ってしまいました。
それだけ多くの人に愛されているお店なのです。

氷下魚炭火焼き

氷下魚炭火焼き

大入り満員のお客さんを賄うのは、カウンターの中のたった二人の女性。
出来るだけ負担にならないよう、注文はカウンターに乗っているお総菜や、他の人が注文したものに便乗するようにしました。

というわけで、まずはカウンターに寝ていた「氷下魚の炭火焼き」。
ギュッと濃縮した白身魚の旨みが焼酎によく合います。

心のこもった天ぷら

心のこもった天ぷら

同じくカウンター総菜に、美味しそうな天ぷらがあったのでそれを注文すると、
「揚げたてがいいよね」
と言って、ママさんが新たに揚げてくれました。
ありがと〜。

誠心誠意

そんな言葉がぴったりのお店なのです。

北海ダコ刺し身

北海ダコ刺し身

目の前の冷蔵ケースに美味しそうな「北海ダコ」が転がっていたので、それを切ってもらいました。
ここは刺し身も実に美味しいのです。

豚ロース炭火焼き

豚ロース炭火焼き

最後はガツンとボリュームのある「豚ロース肉の炭火焼き」。

時間は20時半。
次の帰りのバスは20時53分で、その次は最終の22時16分です。
さあどうする。
どうするどうする。
迷いました。

そこにママさんのサービスで「黒ビール」が出てきました。
ありがとうございます。

うん、気持が決まりました。
もうちょっとのんびりしましょう。
この幸せな時間を大切にするために。

お店を出たのは21時半。
タクシーで帰ったので、バスより1,000円ほど多くかかってしまいましたが、楽しく幸せな夜でした。

ありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “わたべ(室蘭)(居酒屋)…温かいもてなしで幸せに

  1. kimi
    #

    わたべ、営業形態が変わってから、しばらく行ってなかったのですが…、
    今は昔のように戻っているのですね~。
    また行ってみたいです。
    こまいいいですね~。私は炭火で焼いて、キャンプで食べるのがたまらんです。笑
    最後の豚ロースもめちゃんこ美味しそう^^)/
    あぁ、朝からお腹がギュルギュルです。笑

    Reply
    1. mocamoca Post author
      #

      「わたべ」はやはりかなりの人気です。
      混むとお店側も大変なのですが、ママさんたちもお客さんが来てくれるのがうれしいのでしょうねー。
      今回は金曜日に行ってしまったので、出来るだけ混まない曜日や時間を狙って時々行きたいです。

      氷下魚いいですよね〜。
      安いし美味しいし。
      そうそう、炭火で焼くと抜群です。
      キャンプいいですねー。
      いつもブログで拝見しています。

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »