ロシアン万願寺豚バラ巻き、あめちゃんナメタガレイでお腹こわす

ロシアン豚バラ巻き

日中は水族館で3時頃までだらだら飲み食いしていたので、夕食は少し簡単に済ませました。
(簡単じゃないかな)

まずは「万願寺甘唐辛子の豚バラ肉巻き」。
万願寺に豚バラ肉を巻き付け、塩こしょうして電気ロースターで焼くだけ。
簡単で美味しいのです。
しかし今日はこの中に2本「超辛口万願」が混ざっていましたわぉ

・超辛口万願
・親ドラドラリーチツモ満貫
・夕陽のガンマン
・熱いお風呂我慢我慢

あなたはどれが好き?

これはセーフ

これはセーフ

私は全部セーフだったのですが、Cさんが2本とも大当たり!
ヒーヒー言っているので試しに私も少しかじったら、直後に火を吹きましたうさぎ
ぜ、全然「甘唐辛子」じゃなかったです。

かま栄かまぼこ、あめちゃんカレイ

かま栄かまぼこ、あまちゃんカレイ

左は大好きな「かま栄のかまぼこ」。
でも実はこうやって食卓で食べるより、札幌や千歳からの帰りの特急の中で、手でちぎりながら缶ビールと一緒に食べる方がはるかに美味しく感じられるのでした。
料理は味そのものの他に「状況」が大切なんだなと思います。

右は先週の木曜日に、パソコン作業中に目の前で強烈な臭いにおいを放ち続けていた「ナメタガレイ」です。

木曜日の夕食時は美味しかったのですが、それから冷蔵庫で3日たった今日はさらにアンモニア系の臭いが強くなっていました汗
「もっと美味しくなっているのかな」
という淡い期待で少し食べてみたのですが、やはり口の中にアンモニア臭が広がり、怖くなってすぐにストップ。
Cさんも無言で箸を止めていました。

そしてその数時間後からお腹がグルグルと騒ぎ出したのでしたクルクル
腐る寸前が美味しいのですが、そのタイミングが難しいのですね。
(結局翌日の昼過ぎまでお腹がグルグルしていました)

北海道で「腐る」ことを「あめる」と言うらしく、私はこういった食べ物を「あめちゃん」と呼んでいます。
大阪のおばちゃんみたいに
「あめちゃんあげようね」
と言われてもこれはいりませんね。

野菜&わさび漬けチーム

野菜&わさび漬けチーム

こちらはいつもの「野菜」と「数の子わさび漬け」。

日中はまだ暑いですが、夜は窓を閉め切り、寝るときには掛ける布団が必要になってきました。
テレビでも冬タイヤのCMが始まり、ホームセンターにもストーブが並ぶようになりました。
このまま一気に秋になるのかな。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »