プチ買い物三昧の後は、ちょっと贅沢に「鴨鍋」と「鯨ベーコン」

合鴨

室蘭市北部の坂道を探訪した後は、東町のイオンで

・本シシャモ(680円)
・合鴨肉(865円)
・鯨ベーコン(598円)

弥生のマックスバリューで

・キャベツ(199円)
・椎茸(86円)

弥生のニトリで

・鍋(2,490円)

などを購入。
さらにホーマック(ホームセンター)、アークス(スーパー)でも買い物をし、久しぶりに買い物三昧を楽しみました。
スーパー、ホームセンター、100均の買い物が楽しいです。
さあ、これで数日分の食料は確保しました。

というわけで、まずは「鴨鍋」。
久しぶりです。興奮します。

買ったばかりの鍋で

買ったばかりの鍋で

ニトリで買ったニュー鍋。
色つやがいいでしょ。
アルミだからこれが軽いんです元気""

たっぷりの野菜と一緒に

たっぷりの野菜と一緒に

「昆布」と「茅乃舎」のダシに、醤油、酒、エリスリトールを入れて味付けし、野菜(ネギ、椎茸、舞茸、大根、水菜)、焼き豆腐、しらたきを煮ます。
さらに真打ち「合鴨肉」を加えてマツコと数分。

このダシはお勧めです

大根おろしをからめて

大根おろしをからめて

こいつらを、大根おろしをからめて頂きます。

合わせるお酒はもちろんお湯割り。
日本酒もいいと思いますが、私はスキッと焼酎がいいです。
予算の関係で、紙パックの海童が多いのですが、最初はちょっといい焼酎を頂きます。

「鴨」と「アヒル」の違いがよくわからなくて調べてみました。
「アヒル」は漢字にすると「家鴨」
鴨を改良して肉や卵をたくさんとれるよう家畜化したものがアヒルなのだそうです。
知りませんでしたアホヤ
英語でも鴨は「wild duck」、アヒルは「domestic duck」なんですね。

ごちそう「鯨ベーコン」

鯨ベーコン

そして今日のご馳走は「鯨ベーコン」。

カラシをちょいとつけて、酢醤油で頂きます。
薄いのにリッチな歯ごたえ、そしてあの香り。
目をつぶればそこは昭和40年代。
聞こえてくるのはちあきなおみの「喝采」。

モカモカ和え物

モカモカ和え物

イオンでワカメを買ったので、久々に「モカモカ和え物」も作ってみました。
シャキシャキとした歯ごたえが、滞った脳血流を回復します(個人の感想です)。

大根の皮と葉はキンピラに

大根の皮と葉はキンピラに

鍋で使った「大根の皮と葉」は、Cさんが美味しい「キンピラ」にしてくれました。
シャキシャキとした歯ごたえ。
ともすれば捨ててしまうものがこんなに美味しくなるなんて。

Cさんはいつものように21時半にはソファーで寝てしまいました。
その後しばらくパソコンに向かい、Cさんが寝床に入った後にソファーに座ってみたのは、先日録画した「野生の証明」。
大好きな映画です。
高倉健、薬師丸ひろ子、夏木勲(この時期だけ夏八木勲ではない)、中野良子、三國連太郎、舘ひろし、松方弘樹、山本圭…。
ふと気が付けば、この映画ももう38年前の映画。
出演者も多く亡くなっています。
最近好きな映画を観ると、出演者が故人になっていることに驚きます。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »