ホッケを丸ごと一尾買ってきてフライに。ホッケフライ旨い!

ホッケ

スーパーの鮮魚売り場に行くと、でかい「ホッケ」(積丹産の真ホッケ537円)がずらりと並んでいましたキョロキョロ
北海道に来るまでは「開いて干されたホッケ」しか知らなかったので、丸ごと売っているのには今でもちょっと感激します。

しかも出っ張ったお腹の中には卵(こっこ)が入ってるとのこと。
これはいい!ということで一尾購入。

ホッケフライ

ホッケフライ

ちょっとホッケについて

お店で主に売られているのは「真ホッケ(マボッケ)」と「シマホッケ(キタノホッケ)」。

北海道近海で主に獲れるのは「真ホッケ」だそうです。

「シマホッケ」はロシアのオホーツク海で獲れます。
運搬のために頭が切り落とされるので、頭のない干物になっていることが多いとのこと。
真ホッケより脂ののりがよいそうですが、全体的な味やでは真ホッケの方が上等と言われているそうです。

頂き方ですが

鮮度低下が早いため、開いて干物などにするのが一般的である。鮮度のいいものはフライにしたり、煮付けにされたりと酒肴としても活用される

とのこと。
(参照元:ホッケ – Wikipedia)(別ウインドー)

ホッケは漢字では「○」(う、出ない。魚偏に花)。
英語では「Atka mackerel」(アトカ(アラスカの島)のサバ)ですが、これは「シマホッケ」のことのようです。
凍らせたホッケは「アイスホッケ」?

能書きが長くなりましたが、今夜は「フライ」と「煮付け」にしました。

こ、これは旨い

こ、これは旨い

ホッケフライ」はお総菜では食べたことがあるのですが、自家製は初めて。
自家製タルタルソースをたっぷりつけて口の中へ。

う、旨い!!エルモ泣き

白身フライよりも、少し脂が乗っているのか、旨みも強かった気がします。

たっぷりの生野菜と

たっぷりの生野菜と

フライにはたっぷりの生野菜を。
レタスやキャベツは一時期400円近くしていたのですが、少しずつ安くなってきたようで嬉しいです。
トマトは高くて買えなかったので、エルモを並べてみました。

ホッケの煮付け初体験

ホッケの煮付け初体験

そして「ホッケの煮付け」。
身はやはり旨みが強く美味しかったです。
卵も美味しいのですが食感が今ひとつでしょうか。

ブタジル

ブタジル

フライで興奮した後は「ブタジル」でほっこりと。

夕食を頂きながら観たのは「大食い大会」の番組。
これを見ながら食事をすると、ペースに巻きこまれそうになります。

夕食後は、一杯だけ「焼酎四季柑炭酸割り」を飲み、その後はハーブティー(カモミール)を頂きながら「火の鳥」を少し読んで、早々に寝床に向かいました。
昨夜、夜更かしして今朝辛かったのでその反省ですすまん

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

4 thoughts on “ホッケを丸ごと一尾買ってきてフライに。ホッケフライ旨い!

  1. えるも。
    #

    赤が素敵。

    Reply
    1. mocamoca Post author
      #

      はい、寝ていたエルモを起こして頑張ってもらいました。

      Reply
      1. えるも。
        #

        。・゚・(´∀`*)゚・・。

        Reply
        1. mocamoca Post author
          #

          ( ゚∀゚)o彡°

          Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »