牡蠣海苔巻きソテー、ガッテン白老牛ハンバーグはいかに?

牡蠣海苔巻き

相変わらず単調な毎日です。
英会話でリトアニアの先生に

「I spend monotonous life évery day.」(あー、毎日変わり映えのない生活ですわ)

とぼやくと

「みんなそんなもんだよ〜」

と(英語で)言われ、なんか気持が楽になりました。
その後もしばらく、どんな生活が幸せなのかねーなどと茶飲み話をした後にテキストに入りました。

ほとんどCさんしか話し相手のいない中、英会話は他の人とおしゃべりできる貴重な時間です。
(言いたいことがなかなか言えず、いつも大汗かいていますが)

夕食は「牡蠣のソテー海苔巻き」から。
海苔の香りが牡蠣によく合いました。
白ワインで。

白老牛ハンバーグはガッテン方式で焼きました

白老牛ハンバーグはガッテン方式で焼きました

白老牛の「いわさき」で買ってきたハンバーグは、以前やった「ためしてガッテン方式」で焼いてみました。

①中火で両面1分半ずつ焼いて焦げ目を付ける
②フライパンに人参の輪切りを並べて、その高さまで熱湯を入れる
③ハンバーグを乗せてフタをし、中火で8分蒸し焼きにする。

8分間蒸します

8分間蒸します

8分間じっとフライパンを見つめます。
(見つめていなくてもよいです)

さあどうかな?

さあどうかな?

1分半と8分で流れ出た肉汁は、もやしときのこで野菜炒めにしました。
ソースはCさんお手製です。

さあどうだ!!!

残念イマイチ

残念イマイチ

火の通りはバッチリで、焦げすぎることもなく見た目は合格。
しかし食べてみると、普通に焼いたときより旨みが抜けているように感じました。
うーん、残念。

考えてみれば1分半で出た脂は一度フライパンから取り除いたし、8分は高床式だったので、そこでも旨みが出てしまったのでしょう。
野菜炒めと一緒に食べるとだいぶ美味しくなりましたが。
あと2個あるので、次はオーブンでやってみようかしら。

ここから焼肉

ここから焼肉

と、ここで今日のメインの「焼肉」になります。
結局全部食べましたが、ちょっと多かった…

いつもスーパーでは二人で量を熟考しながら買い物しているのですが、なかなか適量が難しいですアホヤ

Cさんが寝た後は、マンガ「火の鳥」(7)を読み切り、あとは何もしないでぼんやり考え事をしていました。
翌朝が辛いので、お酒も10時過ぎには終了。
あとはモカミールティーを飲んで過ごしました。

この記号は何と言う?

この記号は何と言う?

クイズです。
電話でみる、この記号(#)は日本語と英語でそれぞれ何と言うでしょう〜?

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “牡蠣海苔巻きソテー、ガッテン白老牛ハンバーグはいかに?

  1. redhotmama
    #

    記号の読みは「シャープ」ですか?

    Reply
    1. mocamoca Post author
      #

      ご回答ありがとうございます!

      私もそう思っていたのですが、実は日本語では「井桁(いげた)」、英語では「hash(ハッシュ)」と言うそうです。
      Twitterなどで使う「ハッシュタグ」の「ハッシュ」ですね。

      ハッシュ→「#」
      シャープ→「♯」

      うーん、微妙に違います(^_^;)
      ちなみに「ハッシュドビーフ」も同じ単語です。

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »