元旦恒例の親戚の集まりへ、この歳になって親戚が出来るありがたさ

親戚集まり

昼前からおせち料理と日本酒を楽しんだ後、Cさんはソファーで2〜3時間ほど昼寝おやすみ

夕方からは恒例の「元日の親戚の集まり」に行ってきました。
今日は室蘭市内のバスは終日全線で運休なので、自宅までタクシーを呼んで市内の親戚の家に向かいました。

到着したのは18時ちょっと過ぎ。
すでに和室にしつらえたテーブルにはたくさんのお料理が並んでいました。
やばい、もっと早く来て手伝いをした方が良かったか…汗

今日集まるのは私たちを入れてCさんの母方の親戚12名。
ほんとんどが室蘭市内に住んでいますが、こうやって会うのはこの新年の集いか冠婚葬祭くらいです。
一昨年初めて来たときは緊張しましたが、少しずつ慣れてきました。

部屋の奥には大きな神棚があり、その上座にCさんが座ったので、私もその隣に座らせてもらいました。
その結果、男性陣が上座に、女性陣が下座に座る中、私は男衆の中に陣取るかたちになりました。
いいのかなーと思いましたが、この男性陣がよく飲むので、一緒に飲んでいると実に楽しいのです飲むよー

恒例ビンゴ大会

恒例ビンゴ大会

途中、恒例のビンゴ大会が始まります。
しかもなんと2ラウンド。
でも、全員がビンゴになり、しかもビンゴになった順番は関係なく景品がもらえるので、とても和やかなものでした。

私は親戚付き合いというものをほとんどしたことがなく、親戚付き合いは「恐怖」でした。
でもここでは皆とても優しく、こんなふつつかな私を迎え入れてくれます。
今日周りにいた人達は、法律的には私の「叔父、叔母、従兄弟、甥、姪」になります。
この歳になって、こんなたくさんの親戚が出来るとは…
とてもとても嬉しく、ありがたいと思いました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »