うどん四日目、寝こんで気付く日常の有り難さ

昨夜から10時間寝て今日は朝から回復!
と期待していたのですが、熱は一向に下がらずorz

どんなに休んでも祈っても熱が下がらない苛立ち。
自然治癒力(免疫力)しかたよれないもどかしさ。

でも世の中には、こんな私よりはるかに厳しい辛さや、痛みや、苦しみと戦っている人がたくさんいるのです。

寝込んでいると、何も出来ない自分が情けなくなってきます。
じゅつなかー。

食事前はすぐ隣の台所から「トントントン」とCさんが料理を作っている音が聞こえてきます。

あー家事がしたい。掃除、洗濯、みじん切り、仕事。
(普段やりたくないくせに)

こうやって病気をする事によって、当たり前の日常の有り難さに気づきます。
この気持ちを忘れないようにしないと。
(忘れちゃうけど)

あっさりチーム

あっさりチーム

お夕食は、Cさんがあっさりしたのを作ってくれました。
体はきついのですが、熱は下がってきました。

ピチット宗八

ピチット宗八

大きな宗八ガレイは、4日ほど前から「ピチットシート」を使って干物にしました。
初めて挑戦したのですが、天日干しと違って塩分がシートに吸収されてしまったようでかなり薄味になっていました。
うまく出来るようになったらまたレポートいたします。

   

この記事へのコメント


    

2 thoughts on “うどん四日目、寝こんで気付く日常の有り難さ

  1. あつにゃんこ (@atsuniyanko)
    #

    モカさん、ご無沙汰してます。
    お身体、大丈夫ですか。
    健康で暮らせる事はありがたい事です。
    義母が昨年の秋に体調を崩し、入院生活を送っていたので身に染みて分かります。
    本人も家族も辛い…
    毎週末、旭川と室蘭の往復は大変でした。
    モカさん、お大事にしてくださいね。

    Reply
    1. mocamoca Post author
      #

      ご心配ありがとうございます。
      6日目にして、ゲホゲホ言いながらも起き上がってパソコンに迎えるようになりました。
      ほんと、健康というのは何よりもありがたいものですね。

      お義母さんの看病はさぞかし大変だったと思います。
      物理的な移動もそうですが、病気の介護や対応、心労、その間の自宅のことなどなど。

      今後もっと健康に気をつけたいと思いました。

      Reply

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »