久々鶏ハーブレモン焼き、ピチットシートで作った干物はいかに

鶏ハーブレモン焼き
良い天気の月曜日。
今日は8日ぶりに家の外に出て、スーパーの買い物にも行けました。
シャバだーエルモ泣き
シャバダバシャバダバ。

玄関から一歩を踏み出すとき、

「これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ!」

という言葉が頭の中で流れました。

買い物には行ったのですが、お夕食は家にあるもので作りました。

まずは「鶏肉ハーブレモン焼き」。
このお料理はなぜか「私の担当」ということになっていたので、私が作りました。

鶏モモ肉を「キエェー!」などと叫びながらフォークでメッタ刺しにし、市販のハーブソルト(ハウス)とたっぷりのニンニクみじん切りを揉み込みます。
少し寝かして、愛用の電気ロースターに入れて「鶏肉ボタン」を押します。
焼き上がった鶏肉を切り刻み、レモンを挟み込んで出来上がり!

表面がカリッと焼けて中はジューシー。
簡単で美味しいですペロペロ

野菜サラダも私の担当。
お肉にはたっぷりの野菜を合わせるのが好きです。

デジャブチーム

デジャブチーム

どこかで見た「デジャブチーム」。
ちなみに我が家では餃子は「酢+たっぷりの胡椒」をつけて頂いております。

ピチット宗八

ピチット宗八

宗八ガレイは、ピチットシートという吸水シートを使って作りました。
この時期外に干すとコチンコチンに凍ってしまうのです。

ちゃんと干物になって美味しかったです。
作り方の詳細は次のブログに書く予定。

ネットでライブトーク番組を

夕食後は二階の自室に上がり、パソコンでウエブのライブトーク番組を観ました。

出演したのはCSS Niteの主催者の「鷹野雅弘さん」。
彼のレクチャーは大好きで、東京にいた頃は時々行っていました。

鷹野さんのいつも通りの淡々とした柔らかい語り口がとても懐かしかったです。
それと同時に、物理的にも、仕事的にも、年齢的にもどんどんウエブの世界から離れつつある自分が情けなくなってきました。

もっと新しい技術に触れ、物作りのワクワク感を取り戻さないといけませんね。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »