「輪違い大根」和食のすごい技術に驚きました

先日Twitterですごい写真を見ました。大根
大根がリング状に切られ、パーティー飾りの紙の輪っかのようになっているのです。

一体どうなってるの??わぉ

調べたところ、これは「輪違い大根」という日本の伝統技術なのだそうです。
魚屋に大根が!
それは「場違い大根」

輪違い大根の作り方

輪違い大根1

その作り方がYouTubeに載っていました。
以下は、YouTubeの動画からの抜粋です。

まずは大根を切って直方体に整えます。
「整いました!」(ねづっちですか)

でも、これではまだ全然あの「リング」にはつながりません。

輪違い大根2

次に、包丁でデコボコに切り込みを入れます。
これが一体どうやってあのリングになるの??

輪違い大根3

デコボコを小刀で削り、リングにしてゆきます。

輪違い大根4

そして完成!エルモ泣き
プロセスの詳細をご覧頂きたい方は最後の動画をご覧ください。

輪違い大根5

お刺身をリングに盛った状態。
これで刺し盛りを出されたら驚きます。

「ニッポンスゴイですねーー!!」

と外国人に言わせる番組に違和感を覚えます。
でも、こういうのを見ると、ほんとにすごいなーと思います。

あっぱれあっぱれ。
Cさん今度これ作ってね。

   

この記事へのコメント


    

よろしければコメントをお書き下さい。ログインしない場合はメールアドレスは必須です。実在しないメールアドレスの場合掲載出来ません。

Translate »